総務省トップ > 総務省の紹介 > 採用情報 > 任期付職員採用情報 > 総合通信基盤局(電気通信事業部消費者行政第二課)

採用情報

採用情報
 
近年のIoT・AI(人工知能)・ビッグデータの急速な普及に見られるように、情報通信技術(ICT)が経済活動や国民生活に必要不可欠な社会基盤として幅広く浸透しつつあり、その役割がますます高まっています。また、これに伴って、インターネット上の違法・有害情報の流通や、携帯電話・スマートフォンの悪用など、利用者利益の確保に支障を生ずるような事例が社会問題となるケースも生じており、通信の秘密の保護や表現の自由・知る自由を確保しつつ、こうした事例に適切に対応することが求められています。
総務省では、こうした事例に適切に対応することにより、消費者がインターネットや携帯電話等の電気通信サービスを安心して利用できる環境を確保することとしており、当該業務のため、今般、総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政第二課において、法律関係の実務経験や専門知識を有する職員を採用することとしています。募集要領は以下のとおりです。
 

募集要領
職務内容
1.消費者行政第二課が所掌する事務(電気通信事業部の所掌事務に係る一般消費者の利益の保護に関する事務のうち電気通信役務の利用による一般消費者の利益の侵害に関する対策に係るもの)に関する諸制度の企画・立案に関する業務。
(例:プロバイダ責任制限法等のインターネット上の違法・有害情報に関する制度や、携帯電話不正利用防止法、迷惑メール法等の電気通信サービスの不適正利用の取締りに係る制度など)
 
2.インターネットをめぐる新たな法的問題に対する業務(例:ヘイトスピーチ、デマ情報、フェイクニュース、海賊版サイトなどの事案に係る対応等)
 
3.その他ICT分野における諸課題の法律的な検討を行う業務 等
 
募集人員
1名
募集対象
以下のいずれにも該当している方
(1)弁護士資格を有する、企業法務の実務経験がある等、法律実務に関する高い素養と実務経験があること
(2)情報通信技術に関する専門的知識を有する等、高い技術的素養を有すること。
 
なお、以下に該当する方は、応募できませんのでご了承ください。
(1)日本国籍を有しない者
(2)国家公務員法第38条の規定により国家公務員になることができない者
- 成年被後見人、被保佐人
- 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
- 一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
- 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
勤務時間
通常の勤務時間は9時30分から18時15分まで(土日祝日を除く。残業有り)
勤務地
総務省(東京都千代田区)
雇用期間
平成31年1月4日(またはそれ以降できるだけ早く。)から、原則として2年間。
賃金支払日
原則として毎月16日
賃金
一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律(平成12年法律第125号。以下「任期付職員法」という。)に基づき支給。
通勤手当
退職手当
加入保険等
住宅
応募方法
市販の履歴書に必要事項を記載(写真貼付)し、下記送付先まで郵送願います(12月20日必着)。
なお、履歴書の郵送に先立ち、必ず下記連絡先に電話にて応募する旨連絡願います。
書類審査の上、面接日時をこちらから通知いたします。
その他
応募の秘密については厳守いたします。また、応募書類等の返却はいたしません。
採用形態
任期付職員法に基づき、常勤の国家公務員として採用。
身分
国家公務員法等の適用を受けます。
履歴書の送付先
               
〒100-8926
東京都千代田区霞が関2丁目1番2号
総務省大臣官房秘書課 任期付職員募集担当
(根岸)                                 
連絡先

総務省総合通信基盤局
電気通信事業部消費者行政第二課
栗原課長補佐
電話03-5253-5847
    e-mail: w.kurihara _atmark_soumu.go.jp
「_atmark_」を「@」に置きかえて送信してください。
 

ページトップへ戻る