総務省トップ > 総務省の紹介 > 採用情報 > 非常勤職員採用情報 > 官民競争入札等監理委員会事務局(総務担当)

採用情報

官民競争入札等監理委員会事務局では、行政機関等が実施する公共サービスについて、民間が担うことができるものは民間に委ねる観点から、民間事業者の創意工夫の発揮が期待される事業について、官民または民間競争入札(いわゆる市場化テスト)に付すことで、公共サービスの質の維持向上及び経費削減を図る改革を推進しています。

募集要領
職務内容
1.各行政機関等が実施するIT(ICT)関連事業の事業の市場化テストに係る事務全般
  ・実施要項等(仕様書のようなもの)の確認、事業実施省庁等との連絡調整
  ・事業終了時の評価書の作成及び事業実施省庁等との連絡調整
※競争性の確保、といった観点から入札実施要項を審査し、事業の評価を行います。その際、
審査の過程で実施省庁に改善を求めたり、監理委員会に報告するなどの調整業務も行います。
 
2. 上記1の他、公共サービスの改革に関する事務全般
 
募集人員
1名
募集対象
以下の条件を満たしている
1. 協調性があり、積極的に業務に取り組む意欲のあること
2. 大学卒業以上の学歴を有すること
3. 以下(1)〜(3)のいずれかの条件を満たすこと。
 (1)企業等の情報システム関連部署での勤務経験が2年以上あること
 (2)大学等で情報システム関係の研究経験が2年以上あること
 (3)発注者としてIT(ICT)関係の仕様書作成又は調達の実務経験があること
4.法律事務所・大学・民間企業・官公庁等において原則2年以上の実務・研究等の経験があること。

なお、以下に該当する方は、応募できませんので御了承ください。
1. 日本国籍を有しない者
2. 国家公務員法第38条の規定により国家公務員になることができない者
 ○成年被後見人、被保佐人
 ○禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
 ○一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
 ○日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
勤務時間
1日あたり5時間45分(10:00〜12:00及び13:30〜17:15)(土・日・祝日は休み)
勤務地
東京都千代田区永田町1-11-39 総務省官民競争入札等監理委員会事務局
東京メトロ有楽町線永田町駅から徒歩3分(マイカー通勤不可)
雇用期間
平成30年4月1日から平成32年3月31日まで(2年間)
賃金支払日
原則として毎月16日(毎月末日締切翌月支払)
賃金
上席政策調査員の場合 日額11,300円
政策調査員の場合 日額 8,900円
(資格、経験・業績等により上記のいずれかに格付け)
(賞与・昇給無し)
通勤手当
一般職常勤の国家公務員に準じ実費相当分を支給(ただし、1月当たり上限55,000円、月の初日に在職する者を対象として出勤日数に応じ支給する。)
退職手当
加入保険等
健康保険、厚生年金保険、雇用保険及び介護保険は加入要件に従う。
住宅
住宅手当なし
応募方法
以下の書面に必要事項を記載し、下記宛先まで郵送にて送付願います。

 ・履歴書(市販の用紙で可、写真添付)
 ・志望理由(A4横書き1,200字以内(氏名を記入してください))
 ・経歴書(学歴及びこれまでに従事したことのある職務等の内容を具体的に記述したもの、A4横書き(氏名を記入してください))
 ・(該当ある場合)研究業績の概要及び業績リスト

書類審査(1次選考)の後、面接(2次選考)を行うこととなった方のみ、2次選考の日時・場所等を御連絡させていただきます。
その他

応募の秘密については厳守いたします。
応募書類の返却はいたしません。
採用者にあたっては国家公務員法の適用を受けます。
勤務時間帯については、相談に応じます。
年次休暇は6ヶ月経過後に次の1年間分として10日付与(全勤務日の8割以上出勤した場合)
 

 

(参考)業務の詳細は以下のURLからご覧いただけます。
・公共サービス改革の概要
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/koukyo_service_kaikaku/index.html
・官民競争入札等監理委員会の活動状況等について
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/singi/kanmin/index.html

履歴書の送付先
〒100-0014
東京都千代田区永田町1−11−39永田町合同庁舎1階
総務省官民競争入札等監理委員会事務局
担当:森本
連絡先
総務省官民競争入札等監理委員会事務局
TEL 03−5501−1878(直通)
担当:高田、森本

ページトップへ戻る