総務省トップ > 総務省の紹介 > 採用情報 > 任期付職員採用情報 > 政策統括官(統計基準担当)(統計審査官室)

採用情報

 総務省政策統括官(統計基準担当)では、統計の政府横断的な調整を図る立場から、日本標準産業分類などの統計基準の設定を行っております。この度、より正確な景気動向の把握が可能となる経済統計の整備・改善に資する取組の一つとして、経済活動の産出物である生産物の全てを対象とした包括的な統計分類となる生産物分類の構築を行うこととしており、経済統計、統計分類、企業会計等に係る専門的な知識経験を有する職員を採用することとしています。
  募集要領は、次のとおりです。

募集要領
職務内容
  1. 先進事例である北米生産物分類(NAPCS)に係る各種方法論等の情報収集・整理、経済構造の相違性を踏まえた我が国への適応方針の検討
  2. 企業等において、売上高等の報告が可能な生産物分類の粒度の検討
  3. GDP統計の推計の精度向上に資する生産物分類の粒度の検討
募集人員
1名
募集対象
以下の(1)から(7)を満たす方
(1)統計基準に関する政策に必要な基本的能力を有する方
(2)大学院(修士以上)において経済統計学を修了した方
(3)学位取得後、習得した知識に関連する10年以上の実務経験を有する方。行政機関等での企画立案業務の経験を計4年以上有することが望ましい。
(4)政府統計を使ったマクロ経済分析に幅広い知識を有し、当該分野における十分な専門的研究経験、業績及び意欲を有する方
(5)米国における経済統計全般について、幅広い知見を有し、当該分野における十分な専門的研究経験、業績及び意欲を有する方
(6)経済統計専門用語を踏まえた英語での交渉、英文読解、英語による文章作成など、海外制度に係る調査研究を遂行するために必要な英語力を有する方(概ねTOEICスコア860点以上又はこれと同等の成績・資格を有すること)
(7)パソコンでMicrosoft Word、Excel、PowerPoint等のソフトを操作し資料作成ができる方

なお、以下に該当する方は、応募できませんので御了承ください。
  1. 日本国籍を有しない者
  2. 国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員になることができない者
    • 成年被後見人、被保佐人
    • 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
    • 一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
    • 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張 する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
勤務時間
通常の勤務時間は9時30分から18時15分まで(土日休日を除く。) 
勤務地
総務省(東京都新宿区)
雇用期間
平成29年4月1日(又は採用の日)から31年3月31日まで
賃金支払日
原則として毎月16日
賃金
一般職給与法に基づき、学歴、職歴等を考慮して決定
通勤手当
職員に準じて支給
退職手当
職員に準じて支給
加入保険等
総務省共済に加入
住宅
応募方法
以下の応募書類を下記送付先まで郵送願います(3月24日(金)必着)。
  1. 履歴書(様式不問。ただし、学歴や職務経歴が網羅されているもの) 写真(印刷不可。3か月以内に撮影したもの)を貼付したもの
  2. 関係する資格を有する方は、当該資格の証明書等の写し 書類審査の上、面接日時をこちらから連絡いたします。
その他
応募の秘密については厳守いたします。また、応募書類等は返却いたしません。
採用形態
 一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律(平成12年法律第125号。以下「任期付職員法」という。)に基づき、常勤の国家公務員として採用。
  なお、採用後は国家公務員法等の適用を受け、守秘義務、職務専念義 務等が課せられます。
履歴書の送付先
〒162-8668
 東京都新宿区若松町19番1号 総務省 政策統括官(統計基準担当)庶務担当
 任期付職員募集担当(金井、藤川)
 (代)03-5273-5555  内線1140

ページトップへ戻る