総務省トップ > 総務省の紹介 > 採用情報 > 総合職技術系(情報通信行政)

総合職技術系(情報通信行政)

ICTによる成長戦略の実現 日本経済の活性化と、豊かで安全な社会の構築を、情報通信技術により実現していく。

総合職技術系を目指す皆様へ

情報通信は、全産業市場の約一割を占める我が国最大の産業分野です。また、社会経済への寄与も大きく、経済成長のエンジンとして、年々その重要性は増すばかりです。
総務省では、情報通信技術に関する多くの制度を所管しており、通信・放送関係業界を規律するほか、先端的な研究開発、情報通信技術の利活用の推進、地デジなど我が国の通信・放送方式の海外展開等、多種多様な施策を推進しており、特に技術系職員の活躍の場が多くあります。
大学での専攻は特に問いません。化学や土木工学を学んだ職員もおりますが、通信・放送に関する専門性は入省後に身につけています。

説明会情報

総務省では、皆様に、国家公務員として働くことの魅力や総務省の仕事についてご紹介する機会を作っております。
是非、足を運んでみてください。

総務省業務概要

総務省は、情報通信技術(ICT)を活用した経済成長の実現をはじめ、国の基本的な行政制度の管理・運営、地方自治といった幅広い政策を担当しています。

 

技術系職員(情報通信行政)が主として担当する情報通信分野では、我が国経済成長のエンジンであり、5GIoTなどの最先端のワイヤレス技術導入や医療、教育、建築、労働といった様々な分野へのICT利活用推進、4K8Kなどの次世代放送の推進、増大するサイバーセキュリティ上の脅威への対応などの業務を行っています。

 

情報通信関係の各部局の業務内容は以下をご覧下さい。

 国際戦略局

 情報流通行政局

 総合通信基盤局

 
(参考)総務省業務パンフレット(全体版)

先輩からのメッセージ

総合職技術系 先輩からのメッセージ(平成30年版)
高画質で臨場感あふれる映像を社会へPDF 総務省情報流通行政局放送技術課長 坂中靖志
「コミュニケーション」を豊かにするためにPDF 総務省国際戦略局技術政策課研究推進室長 田沼知行
IoT時代の社会デザインを創るPDF 総務省情報流通行政局サイバーセキュリティ課
課長補佐
豊重巨之
デジタル・ネイティブの皆さんへPDF 総務省大臣官房秘書課秘書専門官 田中隆浩
技術系行政官という選択肢PDF 総務省総合通信基盤局電気通信事業部
電気通信技術システム課課長補佐
高橋信一郎
国民生活を支える仕事から国益を考える仕事までPDF 総務省総合通信基盤局電波部電波環境課
電磁障害係長
柴田由里
シリコンバレーからのメッセージPDF 在サンフランシスコ日本国総領事館領事 加藤彰浩
分野の壁を越えて、地域を元気にPDF 会津若松市企画政策部企画調整課主幹 山崎彬美



先輩からのメッセージ(全体版)

官庁訪問

平成30年度官庁訪問は終了しました。

職員訪問を希望される方へ

総務省では、職員訪問を希望する公務員志望者を対象に、職員の紹介を行っております。
職員訪問を希望する方は、必要事項を記載の上、以下の宛先までメールを送信してください。

【必要事項】
(1) 氏名(ふりがな)
(2) 携帯番号
(3) メールアドレス
(3) 所属(大学・学部)
(4) 訪問希望日時(第5希望まで)
(5) 興味関心事項・聞きたい話等

【宛先】
総務省総合職技術系採用メールアドレス
recruit_tech_atmark_ml.soumu.go.jp
※スパムメール対策として「@」を「_atmark_」と表示しています。送信の際には「@」に変更してください。
(メールの件名に【職員訪問希望】とご記載ください。)

平成30年度夏期インターンシップ

平成30年度総務省インターンシップについては、こちらをご覧ください。

過去の採用状況

試験区分にとらわれずに、人物本位の採用を行っています(採用実績のある試験区分:「工学」、「数理科学・物理・地球科学」、「農業科学・水産」など)。

試験区分ごとの採用枠は設けておりませんので、技術系の試験区分であればどなたでも歓迎いたします。

採用者数の推移(括弧内は女性の内数。)
  H26 H27 H28 H29 H30
技術系総合職入省者数 7(1) 7(2) 5(1) 7(2) 7(1)

採用についてのお問合せ先

総合職技術系採用担当(電波政策課内)
TEL: 03-5253-5873
E-mail:recruit_tech_atmark_ml.soumu.go.jp
※スパムメール対策として「@」を「_atmark_」と表示しています。送信の際には「@」に変更してください。

 

総務省へのアクセス

〒100-8926 東京都千代田区霞が関2-1-2 中央合同庁舎第2号館

詳細はこちら
 

ページトップへ戻る