総務省トップ > 総務省の紹介 > 大臣・副大臣・政務官 > 大臣・副大臣・大臣政務官の動き > 個人番号カード・公的個人認証サービス等の利活用推進の在り方に関する懇談会(第6回)(平成29年7月6日) 

大臣・副大臣・大臣政務官の動き

個人番号カード・公的個人認証サービス等の利活用推進の在り方に関する懇談会(第6回)(平成29年7月6日) 

 平成29年7月6日、あかま総務副大臣、原田総務副大臣及び島田総務大臣政務官は、「個人番号カード・公的個人認証サービス等の利活用推進の在り方に関する懇談会」(第6回)に出席しました。

 本会合は、マイナンバーカード及び公的個人認証サービスのICTの利活用を含めた普及推進策等について検討を行い、地方公共団体、国の機関、通信、放送、郵便などのサービス提供事業者等の具体的な取組につなげていくことを目的に開催しているものです。

 今回は、マイナンバーカードの普及状況やマイキープラットフォーム構築に向けた準備状況についての報告のほか、群馬県前橋市における医療分野でのプロジェクトなど、マイナンバーカード利活用の先行導入の実現に向けたこれまでの進捗と今後の取組について報告及び意見交換を行いました。


 
挨拶をするあかま総務副大臣

ページトップへ戻る