総務省トップ > 総務省の紹介 > 大臣・副大臣・政務官 > 大臣・副大臣・大臣政務官の動き > 放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会(第3回)(平成30年2月28日)

大臣・副大臣・大臣政務官の動き

放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会(第3回)(平成30年2月28日)

 平成30年2月28日、坂井総務副大臣及び小林総務大臣政務官は「放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会(第3回)」に出席しました。
 本分科会では、放送の将来動向とそれを踏まえた放送用周波数の有効活用のあり方について検討を行うことを目的としています。
 第3回会合では、「社会的役割の観点から見た放送の将来動向」について有識者等からプレゼンテーションが行われ、その後構成員による意見交換が行われました。
 坂井総務副大臣は、自身の放送サービスに関する感想を述べた後、会合の締めくくりに、本日交わされた様々な議論を踏まえ、引き続き、周波数有効活用に向けた活発な議論をお願いしたい旨の発言がありました。


 
「放送サービスの未来像を見据えた周波数有効活用に関する検討分科会(第3回)」でコメントをする坂井総務副大臣

ページトップへ戻る