総務省トップ > 総務省の紹介 > 大臣・副大臣・政務官 > 大臣・副大臣・大臣政務官の動き > 熊本地震に係る現地視察及びマイキープラットフォーム実証事業に係る地域金融機関との意見交換等(平成30年3月5日)

大臣・副大臣・大臣政務官の動き

熊本地震に係る現地視察及びマイキープラットフォーム実証事業に係る地域金融機関との意見交換等(平成30年3月5日)

  平成30年3月5日に、小倉総務大臣政務官は、熊本地震の復旧・復興の現状を確認するため、熊本県益城町のテクノ仮設住宅、熊本市の熊本市民病院、熊本城の現地視察及び大西熊本市長との意見交換を行うとともに、総務省で開始しているマイキープラットフォーム実証事業に係る地域金融機関との連携事業を推進するため、肥後銀行及び福岡銀行の関係者と同事業についての意見交換を行いました。
  その後、福岡都市圏消防共同指令センターやFukuoka Growth Next等の福岡市内の各施設について現地視察を行いました。


 
熊本県益城町のテクノ仮設住宅において、現地の状況の説明を受ける小倉政務官



 
熊本市立病院建設予定地において、建設状況の説明を受ける小倉政務官



 
マイキープラットフォーム実証事業に係る連携事業について、福岡銀行の関係者と意見交換を行う小倉政務官

ページトップへ戻る