総務省トップ > 総務省の紹介 > 大臣・副大臣・政務官 > 大臣・副大臣・大臣政務官の動き > 「総務省働き方改革(第2期)チーム」報告会(令和元年6月4日)

大臣・副大臣・大臣政務官の動き

「総務省働き方改革(第2期)チーム」報告会(令和元年6月4日)

 令和元年6月4日、「総務省働き方改革(第2期)チーム」報告会が開催され、石田総務大臣、鈴木総務副大臣、佐藤総務副大臣、大西総務大臣政務官、國重総務大臣政務官、古賀総務大臣政務官が出席しました。
 報告会には、事務次官、総務審議官をはじめとした総務省職員や、チームが視察や意見交換を行った民間企業等から約300人が参加するとともに、全国の総務省職員向けにWeb中継がされ、多くの参加者を前に、チームメンバーから取組の内容(「6つのキーワード」と「20の対応策」)について報告が行われました。
 古賀総務大臣政務官からは、「顧問としてチームメンバーが議論している姿を見てきたが、熱心に取り組んだ姿勢に敬意と感謝を表したい。働き方改革を進めることにより、国家・国民のために尽くすという目的を共有して、法律改正や制度設計といった業務に効率的に取り組み、充実した仕事を行うことができる。今回の提言を、新しい令和の時代に、役人の矜持を取り戻す一つのきっかけにしていただきたい」と、職員に対してメッセージがありました。
 


 
職員にメッセージを送る古賀総務大臣政務官



 
総務副大臣、総務大臣政務官と働き方改革チームメンバー

ページトップへ戻る