選挙・政治資金

トップ > 選挙・政治資金 > 選挙 > ニュース一覧<投票制度・選挙制度・啓発その他> > 学校教育と連携した啓発事業実態調査報告書


ニュース一覧

選挙制度

学校教育と連携した啓発事業実態調査報告書

 選挙権年齢の引下げを受けて、今後の主権者教育推進の参考資料とするため、都道府県・市区町村の選挙管理委員会が実施した選挙出前授業などの学校教育と連携した啓発事業の状況について、公益財団法人明るい選挙推進協会に調査を委託し、報告書をとりまとめました。
※各地域の明るい選挙推進協議会が各選挙管理委員会と連携して実施したものは含みますが、NPO法人等各種団体が単独で実施したものは含みません。

1.調査概要
○調査対象

 全国の選挙管理委員会 1,963団体(都道府県47団体、指定都市20団体及び行政区175機関、指定都市を除く市区町村1,721団体)

○調査対象期間

 平成25年度〜平成27年度
※平成27年度については、平成27年11月末までの実績と平成27年12月以降の見込みの合計である。

○調査項目
  • 選挙出前授業の実施校数及び受講生数
  • 上記の選挙出前授業で、模擬投票を行った場合の投票テーマ
  • 児童会長、生徒会長選挙への投票箱等の投票機器材の貸出し状況
  • 第47回衆議院議員総選挙での学生の選挙事務起用状況
2.主な調査結果

調査結果のポイントのイメージ

 

このページの先頭へ




ページトップへ戻る