災害時の伝言サービス

災害時の伝言サービスとは

 地震等の災害発生時には、安否確認や消防、警察への連絡等、大量の電話が殺到するため、家族や親戚、知人等の安否の確認ができにくくなります。

 このため、大規模災害発生時には、各電話会社が提供する「災害用伝言ダイヤル」「災害用ブロードバンド伝言板」「災害用伝言板サービス」を提供しています。

 このサービスは、大規模災害発生時に限り提供されるサービスですが、多くの方々に本サービスを利用していただくために各電話会社では、毎月1日と国の「防災週間(8月30日から9月5日)」、「防災とボランティア週間(1月15日から1月21日)及び正月三が日に体験サービスを提供しています。

「災害用伝言ダイヤル171」の利用方法

「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」の利用方法

携帯電話各社の災害用伝言板サービスについて

その他

お問い合わせ先
情報通信部 電気通信事業課 〒730-8795 広島市中区東白島町19-36 / TEL:(082)222-3395
PDFファイルの閲覧・印刷には最新バージョンのAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは右のバナーより、無料でダウンロードいただけます。
Get Adobe Reader

ページトップへ戻る