総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 中国総合通信局 > 報道資料 2017年度 > スマホ保有は5割、ネット利用は8割を超える

報道資料

平成29年9月21日
中国総合通信局

スマホ保有は5割、ネット利用は8割を超える
<中国地方におけるインターネットの利用状況>

  中国総合通信局(局長:元岡 透)は、総務省が実施した「平成28年通信利用動向調査」の結果に基づき、中国地方におけるインターネットの利用状況を取りまとめました。
【主なポイント】
1 スマートフォンの保有状況
  中国地方のスマートフォンを保有している個人の割合は51.3%となり、初めて5割を超えました(平成27年の47.5%から3.8ポイント上昇)。
 

2 インターネットの利用率
  中国地方においてインターネットを利用している人の割合は80.3%と8割を超えました(平成27年の79.8%から0.5ポイント上昇)。


3 テレワークの実施状況等
  中国地方の企業において、テレワークを導入している企業の割合は5.0%、具体的な導入予定がある企業の割合は1.8%、両者の合計では6.8%でした。


【別紙】参考資料PDF【321KB】

(本調査の概要)
・調査時点:平成28年9月末
・調査時期:平成28年11月から12月
・調査方法:郵送及びオンライン(メール)による調査票の配布及び回収
・集計数:中国地方5県 2,016世帯(5,301人)
(内訳 鳥取県388世帯(1,011人)、島根県443世帯(1,267人)、岡山県384世帯(960人)、広島県413世帯(1,003人)、山口県388世帯(1,060人))
・対象者:層化二段無作為抽出法による6歳以上の男女

<関連報道発表>
 平成28年通信利用動向調査の結果(平成29年6月8日)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin02_02000112.html

連絡先
情報通信部 電気通信事業課
電話:082-222-3375

ページトップへ戻る