総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北海道総合通信局 > 報道資料(2017年) > 帯広市及び滝上町を採択候補に決定 「ICTまち・ひと・しごと創生推進事業」

報道資料

平成29年1月27日
北海道総合通信局

帯広市及び滝上町を採択候補に決定
「ICTまち・ひと・しごと創生推進事業」

  総務省は、平成28年度補正予算「ICTまち・ひと・しごと創生推進事業」に係る提案について、外部有識者による評価を踏まえて採択候補を決定しましたので、お知らせします。
  この事業に係る提案については、平成28年11月1日(火曜日)から同年12月2日(金曜日) まで公募を行い、全国から14件の提案がありましたが、今般、12件の案件を採択候補に 決定しました。北海道管内からは、「帯広市」と「滝上町」から提案のあった事業が選ばれました。

1 北海道管内の採択候補決定事業

道内の採択候補の提案の概要は、以下のとおりです。
代表提案団体 事業名 実施地域
帯広市
概要図PDF
マイナンバーカード活用による「帯広市すこやかネット事業」 帯広市
滝上町
概要図PDF
滝上町森林資源計測事業 滝上町

  全国の採択候補の決定については、総務省のホームページをご覧ください。   http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin01_02000214.html別ウィンドウで開きます

2 平成28年度補正予算「ICTまち・ひと・しごと創生推進事業」の概要

  総務省では、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を踏まえ、ICTの一層の利活用により、農業、医療、防災など各分野で地域が直面する課題解決に貢献し、各地域の産業や行政の効率化、生産性向上を通じて地域の活性化に資することを目的として、以下のいずれかの要件を満たす事業を実施します。

(1)これまで全国27箇所において実施してきたICTを活用した街づくりの成果事例を活用し、これら成果事例において構築したシステムの「普及展開」や「自立的」「持続的」な推進体制の整備等を通じて、農業、医療、教育、防災など各分野で地域が直面する課題解決に貢献するとともに、地域の活性化に資するもの。

(2)ICTの利活用を推進し、企業活動変革による地域の業務の効率化や、地域拠点の活用などを通じて、地域の産業の効率化や生産性向上に貢献するとともに、地域の活性化に資するもの。

3 関係報道等資料


連絡先
■本報道資料に関する問い合わせ
情報通信部 情報通信振興課
電話:011-709-2311(内線4712)

ページトップへ戻る