報道資料

平成30年11月13日
北海道総合通信局

コミュニティFMの強じん化を支援

− 「放送ネットワーク整備支援事業」に係る補助金交付を決定 −
   総務省は、平成30年度「放送ネットワーク整備支援事業費補助金(地上基幹放送ネットワーク整備事業)」について、「函館山ロープウェイ株式会社」に対し、平成30年11月13日(火曜日)、補助金の交付を決定しました。
   本事業は、被災情報や避難情報など、国民の生命・財産の確保に不可欠な情報を放送により確実に提供するため、放送設備等の強じん化を行う地方自治体、民間放送事業者等に対し、整備費用の一部を補助するものです。
【交付決定の概要】
補助対象者名 交付決定額 補助率 事業内容
函館山ロープウェイ株式会社 1,972千円 3分の1 予備送信所の整備
※補助対象及び補助率(地方公共団体:2分の1、第3セクター、地上基幹放送事業者等:3分の1)
【事業の概要】
●函館山ロープウェイ株式会社
自社で運営しているコミュニティ放送(FMいるか)は、現送信所が函館山山頂に設置されており、登山道が封鎖された場合は既設の送信所への時間が必要となり、この理由による放送停波を回避するため、山麓に予備送信所を整備するものです。
<参考>
「放送ネットワーク整備支援事業費補助金(地上基幹放送ネットワーク整備事業)」に係る提案の公募(平成30年6月29日、総務省報道資料)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000211.html別ウィンドウで開きます

連絡先
■本報道資料に関するお問い合わせ
情報通信部 放送課
電話:011-709-2311(内線4662)

ページトップへ戻る