総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北海道総合通信局 > 報道資料(2019年) > 青函トンネル全区間で携帯電話が使用可能に

報道資料

令和元年8月29日
北海道総合通信局

青函トンネル全区間で携帯電話が使用可能に

 平成30年度電波遮へい対策事業として交付決定した、北海道新幹線青函トンネル陸底部及び第一湯の里トンネルについて、令和元年9月5日(木曜日)から携帯電話サービスが利用可能となります。これにより、青函トンネルでは、すでにサービスを開始している海底部と合わせた全区間での携帯電話サービスが利用可能となります。

<事業の概要(北海道総合通信局分)>

トンネル名 サービスを提供する
電気通信事業者
サービス開始



北海道新幹線
   青函トンネル(吉岡側海底部)
株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンク株式会社
平成31年4月17日
北海道新幹線
   青函トンネル(吉岡側陸底部)
   第一湯の里トンネル
令和元年9月5日(予定)

<参考(東北総合通信局分)>

トンネル名 サービスを提供する
電気通信事業者
サービス開始



北海道新幹線
   青函トンネル(竜飛崎側海底部)
株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンク株式会社
平成31年4月17日
北海道新幹線
   青函トンネル(竜飛崎側陸底部)
令和元年9月5日(予定)
 なお、青函トンネル及び第一湯の里トンネル以外の北海道新幹線トンネルの電波遮へい対策については、令和2年までのサービス開始を目指し、現在整備が進められています。

※ 青函トンネル及び第一湯の里トンネルの全体概要については、次の関連資料をご覧ください。

【関連資料】

〇青函トンネル全域で携帯電話が利用可能に(平成30年6月28日当局報道資料)
  http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2018/0628r.html

連絡先
■本報道資料に関するお問い合わせ
連絡先:無線通信部 陸上課
電話:011-709-2311(内線 4642)

ページトップへ戻る