無線局廃止届

<参考条文>

電波法第22条
免許人は、その無線局を廃止するときは、その旨を総務大臣に届け出なければならない。

電波法第23条
免許人が無線局を廃止したときは、免許は、その効力を失う。

再度、開局する場合には、旧コールサインを使用できる場合があります

廃止届の記載例(免許人本人が提出する場合)

本人が廃止届を提出する場合の記載例

廃止届の記載例(免許人が亡くなった場合)

代理の方が廃止届を提出する場合の記載例

 

  1. 廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
  2.  廃止年月日は、免許人が亡くなった場合は死亡年月日を、それ以外の場合は廃止予定日(過去の日を記入することは出来ません)を記入して下さい。
  3. 無線局の種別、無線局の免許番号、無線局の免許年月日、識別信号の各項については、無線局の免許状又は電波利用料納入告知書の免許番号一覧に記載されている内容を記入してください。

 廃止年月日は、免許人が亡くなった場合は死亡年月日を、それ以外の場合は廃止予定日(過去の日を記入することは出来ません)を記入して下さい。
 廃止年月日は、免許人が亡くなった場合は死亡年月日を、それ以外の場合は廃止予定日(過去の日を記入することは出来ません)を記入して下さい。
 廃止年月日は、免許人が亡くなった場合は死亡年月日を、それ以外の場合は廃止予定日(過去の日を記入することは出来ません)を記入して下さい。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
廃止届は、上の様式に従い適宜な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入のうえ、希望される廃止年月日以前に提出(郵送の場合は到着)してください。
 

申請書提出先(北海道の場合)

北海道総合通信局 無線通信部 陸上課 第一私設担当
                        (電話011-709-2311 内線4655)
〒060-8795 札幌市北区北8条西2丁目1-1 札幌第1合同庁舎(12階北側)

ページトップへ戻る