総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 報道資料 2017年 > 土砂災害に備え福井ケーブルテレビの伝送路を2ルート化 〜 「放送ネットワーク整備支援事業」補助金の交付を決定 〜

報道資料

平成29年3月30日
北陸総合通信局

土砂災害に備え福井ケーブルテレビの伝送路を2ルート化
〜 「放送ネットワーク整備支援事業」補助金の交付を決定 〜

 総務省は、平成28年度補正予算(第2次)で措置された放送ネットワーク整備支援事業(地域ケーブルテレビネットワーク整備事業(※1))について、本日、福井ケーブルテレビ株式会社の事業に対して補助金の交付を決定しました。
 本事業は、福井県南条郡南越前町南条地区と河野地区間の伝送路(幹線)を2ルート化するものです。両地区の間は山間部を縫ってケーブルが敷設されていますが、土砂災害警戒区域であることから、このほど新たにケーブルをもう1本別ルートで敷設します。
 1のルートに支障が生じた場合他のルートを利用できることから、ケーブルテレビの耐災害性の向上が図られます。
 総務省では、災害時に必要な情報を必ずしも入手することができない訪日外国人や高齢者といった方々にも必要な情報を確実に届けるため、「情報難民ゼロプロジェクト」((※2))に取り組んでおり、本事業はその取組の一環です。

【放送ネットワーク整備支援事業(地域ケーブルテレビネットワーク整備事業)】

団体名(事業主体) 事業費 補助金額
福井ケーブルテレビ株式会社 55,015千円 18,338千円


 ※1  地域ケーブルテレビネットワーク整備事業
 市町村又は第三セクター法人が所有する放送・通信ネットワークについて、有線網切断が想定される箇所等の伝送路の複線(ループ)化、一部無線化、監視制御機能の強化を行う事業に対し、その費用の一部を補助します。

 ※2  情報難民ゼロプロジェクト
 ・報道資料 「情報難民ゼロプロジェクト報告」の公表(平成28年12月22日)
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kanbo05_02000088.html


(関係報道資料)
  「地域ケーブルテレビネットワーク整備事業に係る提案の公募」(平成29年2月9日)
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu12_02000082.html


連絡先
情報通信部放送課
担当:綿谷、堂下
電話:076−233−4490

ページトップへ戻る