総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 報道資料 2017年 > 平成29年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始

報道資料

平成29年7月7日
北陸総合通信局

平成29年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始

 総務省は、ICTを活用し地域が抱える課題を解決する取組を検討する地方公共団体等にICTの知見等を有する専門家を派遣する「地域情報化アドバイザー派遣制度」の派遣申請の受付を本日から開始しましたので、お知らせします。 
  1. 「地域情報化アドバイザー」について
     大学での研究活動や地域における企業・NPO活動、地方公共団体における具体的業務等を通じ、地域情報化に関する知見・ノウハウを持つ有識者の中から、総務省が委嘱しています(別紙1PDF参照)。
     アドバイザー制度概要については別紙2PDF及び次のホームページを参照してください。
     http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/manager.html 

  2. 「地域情報化アドバイザー」の派遣を希望する場合
     募集のしめきりは以下のとおりです。
       第1期:7月21日 15:00 まで(7月中に派遣決定を予定)
       第2期:8月25日まで(予定)

     派遣申請に関する手続き等の詳細については、平成29年度の事業実施団体「一般財団法人 全国地域情報化推進協会」までお問い合わせください。

    【問い合わせ先】
     一般財団法人 全国地域情報化推進協会
        地域情報化アドバイザー制度のホームページ http://www.applic.or.jp/?p=1513
     〒105-0001
     東京都港区虎ノ門2丁目9−14 郵政福祉虎ノ門第一ビル3F
     電話:03-5251-0311
     FAX:03-5251-0317
     E-mail:info_atmark_applic.or.jp
          ※ スパムメール対策のため「@」を「_atmark_」と表示しております。
            送信の際は「@」に変更してください。

  3. 平成29年度からの変更点
    (1)重点分野について
     総務省は、本事業を実施するにあたり、優良事例の横展開を図るとともに、地方創生への寄与度が特に高い分野や、施策実施の緊急性の高い分野を、重点分野に設定しています。
     平成29年度は地域IoT実装推進タスクフォース(※)で策定されたロードマップの「分野別モデル」に則り、(1)教育、(2)医療・介護・健康、(3)働き方、(4)防災、(5)農林水産業、(6)地域ビジネス、(7)観光、(8)官民協働サービス、(9)スマートシティ、(10)IoT基盤の10分野を重点分野として設定、該当分野にかかる地域情報化アドバイザーを拡充し、支援体制を強化しています。

     地域IoT実装推進タスクフォースについて
      http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chiiki_iot/index.html

    (2) 派遣回数について
     総務省ではアドバイザーを申請自治体等に紹介することを目的としているため、同一自治体等からの同一プロジェクトに対する同一アドバイザーの派遣については原則年1回とします(派遣の具体例については別紙2PDFを参照)。


【関係報道資料】
 ・平成29年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始(平成29年7月7日 総務省発表)
   http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000145.html


連絡先
情報通信部情報通信振興室
担当:川崎、川合
電話:076−233−4430

ページトップへ戻る