総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 報道資料 2018年 > 「小型衛星の打ち上げ・利用に関する研究会(第4回)」を開催 〜 小型衛星の利用事例・周波数調整ノウハウを報告書に取りまとめ 〜

報道資料

平成30年3月12日
北陸総合通信局

「小型衛星の打ち上げ・利用に関する研究会(第4回)」を開催
〜 小型衛星の利用事例・周波数調整ノウハウを報告書に取りまとめ 〜

 総務省北陸総合通信局(局長 濱島 秀夫(はましま ひでお))は、「小型衛星の打ち上げ・利用に関する研究会(座長:金沢大学理工学研究域電子情報学系教授 八木谷 聡(やぎたに さとし)」の第4回会合を下記のとおり開催します。
 同研究会では、小型衛星の利用目的や計画の情報共有を図るとともに、小型衛星の使用する電波の周波数調整が円滑にできるよう、周波数帯の決め方などについてケーススタディを行ってきました。
 最終となる今回の研究会では、これまでの研究会で出された事例やノウハウを取りまとめた報告書が、座長から北陸総合通信局長に提出される予定です。


  1. 日時  平成30年3月19日(月)  15時00分〜
     
  2. 場所  北陸総合通信局 会議室
         (石川県金沢市広坂2−2−60 金沢広坂合同庁舎6階)
     
  3. 主な内容
    (1)報告書案の概要説明
    (2)報告書案の承認
    (3)報告書の提出
    (4)意見交換



<取材についてのお願い>
 取材は、会の冒頭から(3)報告書提出」までとさせていただきます。


【関係報道資料】
・小型衛星の打ち上げ・利用に関する研究会(第3回)を開催 〜 打ち上げ実績から習得する小型衛星の利活用・周波数調整 〜(平成29年11月20日 北陸総合通信局発表)
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2017/pre171120.html

・小型衛星の打ち上げ・利用に関する研究会(第2回)を開催 〜 先行事例から学ぶ小型衛星の利活用 〜(平成29年9月25日 北陸総合通信局発表)
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2017/pre170925.html

・小型衛星の打ち上げ・利用に関する研究会を開催 〜 北陸3県の関係者が情報を共有、周波数の国際調整に必要なノウハウを学ぶ 〜(平成29年6月20日 北陸総合通信局発表)
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2017/pre170620.html


連絡先
無線通信部企画調整課
担当:鈴木、辻
電話:076−233−4470

ページトップへ戻る