総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 報道資料 2018年 > 地域課題解決に向けて北陸3県から2件を委託先候補に決定 〜 IoTサービス創出支援事業(平成30年度予算)〜

報道資料

平成30年6月15日
北陸総合通信局

地域課題解決に向けて北陸3県から2件を委託先候補に決定
〜 IoTサービス創出支援事業(平成30年度予算)〜

 総務省では、IoT サービス創出支援事業(平成 30 年度予算)に係る提案の公募を行い、外部有識者による評価会の結果を踏まえ、下記のとおり委託先候補を決定しました。


  1. 事業の概要
     本事業は、情報通信審議会の「IoT/ビッグデータ時代に向けた新たな情報通信政策の在り方について 第四次中間答申」(平成 29 年7月 20 日)等において提言された、データ利活用を促進するモデルを構築するとともに、必要なルールの明確化等を行うことを目的とした事業です。
     具体的には、地方公共団体、民間企業、大学、NPO 法人等から成る地域の主体が、生活に身近な分野において、地域の課題解決に資する IoT サービスの実証を通じて、そのリファレンス(参照)モデルを創出・展開するとともに、必要なルールの明確化を行うものです。

  2. 決定内容
     平成 30 年3月 16 日(金)から同年4月 19 日(木)まで公募を行ったところ、全国で135 件の提案がありました。今般、「IoT サービス創出支援事業の評価に関する会合」における評価を踏まえ、北陸3県からは以下の2件を委託先候補として決定しました。
     なお、現時点の各委託先候補の提案の概要は別紙PDFのとおりです。
No 代表提案者 事業名 主な実施地域  主たる分野
1 富山県立大学 共有型とやまものづくりIoTプラットフォーム 富山県 シェアリングエコノミー・地域ビジネス
2 公益財団法人いしかわ農業総合支援機構 「匠の技」を活用したIoT技術指導モデルの展開事業 石川県かほく市 農林水産業

【関連報道資料】
 ・「IoTサービス創出支援事業(平成30年度予算)」に係る委託先候補の決定(平成30年6月15日 総務省発表)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu02_04000299.html

・平成30年度予算IoTサービス創出支援事業に係る提案の公募(平成30年3月16日 総務省北陸総合通信局発表)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2018/pre180316.html


連絡先
情報通信部情報通信振興室
担当:市川、川合
電話:076−233−4430

ページトップへ戻る