総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 報道資料 2018年 > 柔軟な働き方の促進に向けて北陸3県から福井県福井市を採択候補に決定 〜平成30年度「ふるさとテレワーク推進事業」〜

報道資料

平成30年7月4日
北陸総合通信局

柔軟な働き方の促進に向けて北陸3県から福井県福井市を採択候補に決定
〜平成30年度「ふるさとテレワーク推進事業」〜

 総務省では、平成30年度予算ふるさとテレワーク推進事業に係る提案の公募を行い、外部有識者による評価を踏まえ、下記のとおり採択候補先を決定しました。


  1. 事業の概要
     地方のサテライトオフィス等のテレワーク環境を整備するための費用の一部を補助し、都市部から地方への人や仕事の流れの創出、地方における時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方の促進、ワーク・ライフ・バランスの向上等を通じ、地方創生や働き方改革の実現に寄与する事業です。

  2. 決定内容
     平成30年4月2日(月)から同年5月21日(月)まで公募を行ったところ、11件の提案がありました。
     今般、外部有識者から構成される「平成30年度予算ふるさとテレワーク推進事業の評価に関する会合」における評価を踏まえ、全国で7件を採択候補先として決定し、北陸3県からは、福井県福井市の「越廼(こしの)サテライトオフィス開設プロジェクト〜集い、交流から始まる地方創生〜」を決定しました。
     提案概要は、別紙PDF※のとおりです。
      ※別紙の提案概要は、公募時に提出されたものであり、今後、内容を精査した上で交付決定しますので、事業内容等に変更が生じる場合があります。  

【関連報道資料】
 ・平成30年度予算ふるさとテレワーク推進事業に係る採択候補先の決定(平成30年7月4日 総務省発表)   
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000206.html


連絡先
情報通信部情報通信振興室
担当:市川、川合
電話:076−233−4430

ページトップへ戻る