総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 報道資料 2018年 > 平成31年度「情報通信の安心安全な利用のための標語」 〜 優秀作品には北陸総合通信局長賞 〜

報道資料

平成30年12月3日
北陸総合通信局

平成31年度「情報通信の安心安全な利用のための標語」
〜 優秀作品には北陸総合通信局長賞 〜

 情報通信における安心安全推進協議会 ※1 では、平成31年度「情報通信の安心安全な利用のための標語」※2 を募集しています。
 全国の応募作品の中から「個人部門」と「学校部門」の別に、優秀な作品(総務大臣賞及び協議会会長賞など)を選定し、表彰を行います。
 また、北陸3県からの応募作品の中から「学校部門」の最優秀作品1点に、北陸総合通信局長賞を選定し、表彰します。
 募集の概要は下記のとおりです。


【募集概要】   募集チラシはこちらPDF

 ・募集期間
  平成30年12月1日〜平成31年2月28日(必着)
 
 ・応募方法
  応募方法等については、以下をご覧ください。
  https://www.fmmc.or.jp/hyogo/
 

※1 情報通信における安心安全推進協議会
 情報通信の安心安全な利用に係るルールやマナー、情報セキュリティ等の重要性に対する理解の醸成を推進することにより、情報通信利用者の保護とともに適正な情報通信利用の促進を図り、安心・安全な情報通信社会の実現に資することを目的に、通信事業者、通信機器メーカー、セキュリティソフトメーカー及び公益法人などが中心となって平成19年12月に設立された団体であり、総務省及び文部科学省がその活動を後援しています。

 

※2 情報通信の安心安全な利用のための標語
 平成20年度から、初心者を含む情報通信利用者が安心安全に利用するためのルールやマナー、情報セキュリティに関する意識や知識の重要性に気づき、考えるきっかけとすることを目的に、標語を公募し、受賞作品を用いた啓発活動を行っているものです。
 毎年実施しており、今回で12回目となります。


【参考】
 平成30年度は、射水市立新湊南部中学校から応募のあった次の標語が北陸総合通信局長賞に選ばれました。

  「あたたかい 心の言葉を 発信中」

 詳しくは、平成30年5月30日発表の報道資料をご覧ください。
 

【関係報道資料】
 あたたかい 心の言葉を 発信中(射水市立新湊南部中学校) 〜平成30年度「情報通信の安心安全な利用のための標語」北陸総合通信局長賞を受賞した学校を表彰〜(平成30年5月30日)
  http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2018/pre180530-1.html


連絡先
情報通信部電気通信事業課
担当:中野、大江
電話:076−233−4420

ページトップへ戻る