総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 報道資料 2018年 > 平成30年度「まちごとテレワーク調査事業」の調査対象の選定結果 〜福井県永平寺町〜

報道資料

平成30年12月7日
北陸総合通信局

平成30年度「まちごとテレワーク調査事業」の調査対象の選定結果
〜福井県永平寺町〜

 総務省では、標記の事業を公募し、外部有識者による評価を踏まえ、全国で12件の提案(北陸3県では福井県永平寺町の提案)を調査対象として選定しました。

【選定の経緯】  
 少子高齢化等に伴う地域の人材流出抑止や雇用創出、災害時の事業継続性の確保(BCP)など様々な地域課題を解決するため、ICTを活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方である「テレワーク」の推進が必要となっています。一方、テレワークの導入率は約13.9%であり、特に中小企業や地域への裾野の拡大が喫緊の課題です。
 総務省は、こうした背景を踏まえ、地方の抱える課題に対し、各地域「まち」の個性・特徴にマッチするテレワークの普及に向け、地域全体でテレワークを導入するに当たっての現状・課題の分析、有効な方策の検討等の調査を行うために、平成30年10月9日(火)から10月31日(水)まで公募を行いました。
 その結果、全国から29件の提案があり、外部有識者の評価を踏まえ、全国で12件の提案(北陸3県では福井県永平寺町の提案)を調査対象として選定しました。


【関係報道資料】
 平成30年度「まちごとテレワーク調査事業」の調査対象の選定結果(平成30年12月7日) 
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000223.html
 


連絡先
情報通信部情報通信振興室
担当:市川、川合
電話:076−233−4430

ページトップへ戻る