総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北陸総合通信局 > 報道資料 2018年 > 5G利活用アイデアコンテスト北陸地方選抜者が決定 〜北陸総合通信局長賞は永平寺町総合政策課〜

報道資料

平成30年12月18日
北陸総合通信局

5G利活用アイデアコンテスト北陸地方選抜者が決定
〜北陸総合通信局長賞は永平寺町総合政策課〜

 総務省は、第5世代移動通信システム(5G )実現による新たな市場の創出、地域社会の課題解決等に向けた5G利活用アイデアを広く募集したところです。
 北陸総合通信局(局長 山田 和晴(やまだ かずはる))では、選考の結果、永平寺町総合政策課の「同時多接続と低遅延が可能とする近未来の雪害対策」を北陸総合通信局長賞に選出しました。
 
  1. 経緯 
     総務省では、「5G利活用アイデアコンテスト」にて地域社会の課題解決等に向けた5G実証のアイデアを広く募集(募集期間:10/9〜11/30)し、計785件の応募を頂きました。
     このたび、北陸総合通信局では北陸3県における68件の応募の中から、地方選抜として一次選考を行い、下記のとおり最も優秀なアイデアを「北陸総合通信局長賞」として選出しました。

  2. 北陸総合通信局長賞 
     提案名 同時多接続と低遅延が可能とする近未来の雪害対策
     提案者 永平寺町総合政策課

  3. 今後の予定  
     北陸総合通信局長賞受賞者は、平成31年1月11日(金)に総務省本省にて開催されるコンテスト(二次選考)において、各地方総合通信局等から選出された提案者11者の中、北陸地方代表として参加、プレゼンテーション及びポスター展示を行います。
     また、地方選抜において優秀とされたアイデア2点についても同日、コンテスト会場においてポスター展示を実施します。
       
    <ポスター展示>
    〇提案名 AI人力車
      提案者 FDLM

    〇提案名 5Gが距離を無くす、5Gが地域の目となり、地域と全国をつなげる架け橋になる
        提案者 金沢学院大学、金沢ケーブルテレビネット株式会社
 
 5G(第5世代移動通信システム(5th Generation Mobile Communication))
 携帯電話の通信方式として3Gや4Gを発展させた「超高速」だけでなく、「多数接続」、「超低遅延」といった新しい特徴を持つ次世代の移動通信システムであり、本格的なIoT時代のICT基盤として、早期実現が期待されています。

<関係報道資料>
 ○ 「5G利活用アイデアコンテスト地方選抜の結果」(平成30年12月18日 総務省報道発表)
   URL: http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000368.html
 ○ 「5G利活用アイデアコンテスト」の開催(平成30年12月3日 総務省報道発表)
   URL: http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000362.html
 ○ 5G利活用アイデアコンテストの開催〜5Gを利活用した地域課題解決等のアイデアを募集〜(平成30年10月3日 報道発表)
   URL: http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/press/2018/pre181003.html
 ○5G利活用アイデアコンテストの開催(平成30年9月28日 総務省報道発表)
   URL: http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000349.html

連絡先
無線通信部企画調整課
担当:鬼頭、橋本
電話:076−233−4470

ページトップへ戻る