総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 関東総合通信局 > e-コムフォ KANTO(2017年) > 「関東地域IoT実装推進懇談会」第1回(キックオフ)会合を開催

【関東総通】e−コムフォKANTO

平成29年6月9日
関東総合通信局

「関東地域IoT実装推進懇談会」第1回(キックオフ)会合を開催

 関東総合通信局は、平成29年5月24日、関東地域におけるIoT実装の推進を図ることを目的として「関東地域IoT実装推進懇談会」の第1回(キックオフ)会合を開催しました。

1 懇談会の概要

 この懇談会は、総務省の「地域IoT実装推進タスクフォース(座長:須藤 修 東京大学大学院情報学環教授)」が平成28年12月に公表した「地域IoT実装推進ロードマップ」及び「ロードマップの実現に向けた第一次提言」を受けて開催したものです。
 本タスクフォースでは、各地域ブロックにおいて、主体的にIoTの実装を推進する体制を整備する旨提言しているため、関東地域においてIoT実装の推進を図るべく、地方自治体、民間企業、関係団体等による懇談会を開催することにしたものです。

2 第1回(キックオフ)会合の模様等

 5月24日の会合では、関東管内の1都7県の情報政策担当課長、通信事業者、ICT/IoT関連企業、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)等が参加し、地域IoT実装の事例紹介等を行いました。
(写真:会合の模様)
 会合の開会に先立ち、高崎局長から「総務省では、各地域の皆様が様々な分野においてICT/IoTの利活用モデルや成功事例を創出できるよう努めてきましたが、今後は、これらの成功事例を日本全国の隅々の地域に普及展開させることが重要である。本懇談会での情報共有や意見交換を通じて、その取組を推進していきたい。」との挨拶をいたしました。また、総務省情報流通行政局地域通信振興課から、「地域IoT実装推進タスクフォース」の最新動向について説明がありました。
(写真:高崎局長による挨拶)
 参加メンバーである各社(株式会社NTTドコモ、株式会社NTT東日本-南関東、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社、日本電気株式会社、日本無線株式会社、株式会社日立国際電気、富士通株式会社)から、ICT/IoTを活用したサービスや実証事業等の取組について、ご紹介いただきました。また、情報通信研究機構(NICT)経営企画部 統括・オープンイノベーション推進本部 統括 島田 淳一様から、NICTの地方自治体等との連携による地域に密着した実証プロジェクト等に取り組んでいる点をご紹介いただきました。
(写真:情報通信研究機構 島田統括様)
 キックオフ会合では、東京都港区企画経営部区長室長 有賀謙二様をお招きして、港区のデジタルサイネージ事業の取組をご紹介いただきました。区外からの訪問者の多い港区では、東日本大震災を教訓として、災害時の情報発信が重要であるとの考えから、官民が連携して新しい技術を活用し、デジタルサイネージ等を活用した情報発信に積極的に取り組んでいる旨ご紹介いただきました。
(写真:港区 有賀室長様)
 関東総合通信局では、関東地域IoT実装推進懇談会の活動やその他の様々な取組を通じて、関東地域におけるIoT実装推進に取り組んでまいります。
(参考)
地域IoT実装推進タスクフォース 開催案内・配布資料等
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chiiki_iot/index.html
「地域IoT実装推進ロードマップ」及び「ロードマップの実現に向けた第一次提言」の公表(平成28年12月9日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000129.html
「地域IoT実装推進ロードマップ(改定)」及び「ロードマップの実現に向けた第二次提言」等の公表(平成29年5月25日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000142.html
 

連絡先
総務省 関東総合通信局
情報通信部 情報通信振興課
担当:小杉、長津
TEL:03-6238-1690
FAX:03-6238-1699
 

ページトップへ戻る