「関東地方非常通信協議会」 定期総会を開催


 関東地方非常通信協議会(会長 吉田 靖(よしだ やすし) 関東総合通信局長)は、平成24年6月21日(木曜日)、九段第3合同庁舎(千代田区九段南)において、平成24年度定期総会を開催しました。

 総会においては、警察庁関東管区警察局茨城県情報通信部に表彰状及び那珂市、那珂市ボランティアHAMクラブ、常陸大宮市アマチュア無線クラブに感謝状を授与すると共に、平成23年度事業報告、平成24年度事業計画の審議、役員の選出等を行い、承認・了承されました。

 総会終了後は、気象庁地震火山部地震津波監視課津波予測モデル開発推進官の尾崎友亮様による「気象庁の地震津波情報とその改善について」と財団法人自治体衛星通信機構技術部ネットワーク推進課長の山倉隆男様による「地域衛星通信ネットワークと東日本大震災」と題した2つの講演会を開催しました。


    会長挨拶の写真  
    会長挨拶  
     
 表彰の様子の写真   講演会の様子の写真 
 表彰の様子    講演会の様子
         



参考

 非常通信協議会は、電波法第74条第1項に規定される非常の場合の無線通信の円滑な運用を図ることを目的に昭和26年(1951年)に設立された団体で、総務省を中心に国の機関、電気通信事業者、放送事業者、電力・ガス事業者等、非常通信に関係の深い団体により構成され、総務省に事務局を置く「中央非常通信協議会」と各地方総合通信局に事務局を置く「地方非常通信協議会」等から成っています。

  関東地方非常通信協議会
   会長    : 関東総合通信局長
   会員数   : 165機関
   事務局   : 関東総合通信局 無線通信部 陸上第二課
   活動内容 : 非常通信の運用計画の策定、非常通信訓練の実施、非常通信に関する周知指導等




連絡先

総務省関東総合通信局 無線通信部 陸上第二課
担当 : 斎藤、倉島
電話 : 03-6238-1771
Fax : 03-6238-1769

画面の最初へ▲