総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 関東総合通信局 > お知らせ(2017年) > 平成28年度第2次補正予算「クラウド型EHR高度化事業」に係る交付先候補の決定

お知らせ

平成29年3月8日
関東総合通信局

平成28年度第2次補正予算「クラウド型EHR高度化事業」に係る交付先候補の決定

 総務省は、平成28年度第2次補正予算「クラウド型EHR高度化事業」について、平成28年12月22日(木曜日)から平成29年1月31日(火曜日)まで提案の公募を行い、外部有識者による評価を踏まえ、平成29年3月7日(火曜日)、関東総合通信局管内からは応募のあった次の2件が交付先候補として決定しました。

1 事業の概要

 医療情報連携基盤(Electronic Health Record (EHR))とは、それぞれの地域において、医療機関や介護施設をネットワークでつなぎ、患者の診療情報や生活情報等の共有を図るためのシステムであり、全国各地に約240存在しています。しかしながら、多くのEHRにおいて、コスト負担が重く、一方向の情報閲覧しかできず、EHRごとにデータ管理方式が異なり連携が図られないなどの課題があります。こうした中で、本事業は、クラウド技術を活用し、多職種の施設が参加可能な双方向かつ標準準拠のデータ連携を実現するEHRへの高度化を支援することで、効果的な地域包括ケアや地域を越えた広域のデータ連携等を推進する事業です。

2 決定の内容

 今般、別紙1(PDF108KB)PDFの外部評価委員による評価結果を踏まえ、関東総合通信局管内からは以下2件(全国では16件)の提案を交付先候補として決定しました。
 なお、交付先候補の提案の概要は別紙2(PDF906KB)PDFのとおりです。

※ モデル1:二次医療圏(又は住民20万人以上の地域)内のネットワーク化
  モデル2:複数の二次医療圏(又は住民20万人以上の地域)のネットワーク化
  モデル3:三次医療圏のネットワーク化

※ 別紙2の提案概要は、公募時に提出されたものであり、今後、内容を精査した上で交付決定しますので、事業内容等に変更が生じる場合があります。


【モデル2】 複数の二次医療圏(又は住民20万人以上の地域)のネットワーク化
  都道府県 実施医療圏 代表機関名 EHR名
1 千葉県 千葉医療圏
(うち千葉市中央区、緑区、美浜区)
市原医療圏
国立大学法人
千葉大学 医学部附属病院
SHACHI-Brain
2 東京都 区西部医療圏
(うち杉並区・中野区)
社会医療法人 河北医療財団 東京都区西部医療圏ネットワーク(仮称)
 

3 関係報道等資料

全国の交付先候補は、総務省ホームページの報道資料をご覧ください。
(総務省 報道資料 平成29年3月7日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000163.html

(総務省 報道資料 平成28年12月22日)
クラウド型EHR高度化事業に係る提案の公募
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu02_04000271.html


連絡先
総務省関東総合通信局
情報通信部 情報通信振興課
担当:仙北屋、長津
電話:03-6238-1690

ページトップへ戻る