総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2017) > 「クラウド型EHR高度化事業」に係る交付先候補の決定

報道資料

平成29年3月9日
近畿総合通信局

「クラウド型EHR高度化事業」に係る交付先候補の決定

 総務省は、平成28年度第2次補正予算「クラウド型EHR高度化事業」に係る提案について、外部有識者による評価を踏まえて交付先候補を決定し、近畿総合通信局管内では、3件を交付先候補として決定しましたので、お知らせします。
1  事業の概要
 医療情報連携基盤(Electronic Health Record (EHR))とは、それぞれの地域において、医療機関や
介護施設をネットワークでつなぎ、患者の診療情報や生活情報等の共有を図るためのシステムです。
 本事業は、クラウド技術を活用し、多職種の施設が参加可能な双方向かつ標準準拠のデータ連携を実
現するEHRへの高度化を支援することで、効果的な地域包括ケアや地域を越えた広域のデータ連携等を
推進する事業です。 

2  決定の内容
 平成28年12月22日(木)から平成29年1月31日(火)まで、事業の提供範囲に応じ、3つのモデルに
ついて公募を行ったところ、全国で合計30件の提案がありました。
 提案について、別紙1PDF(28KB)の構成員からなる「クラウド型EHR高度化事業の評価に関する会合」
における評価を踏まえ、今般、各モデル合計で全国16件、近畿管内では以下の3件の提案を交付先候
補として決定しました。
 なお、各交付先候補の提案概要は、別紙2PDF(1822KB)※のとおりです。

※ 別紙2の提案概要は公募時に提出されたものであり、補助事業の内容は交付条件の調整を経て変更
が生じる場合があります。

 
<モデル1>
 二次医療圏(又は住民20万人以上の地域)内のネットワーク化
府県 実施医療圏 代表機関名 EHR名
奈良県 西和医療圏 近畿大学
医学部奈良病院
西和医療圏 医療・介護連携ネットワーク(仮称)
和歌山県 田辺医療圏 (一社)
和歌山県介護支援
田辺保健医療圏の医療・介護の双方向情報連携EHR 基盤
専門員協会

 
<モデル2>
 複数の二次医療圏(又は住民20万人以上の地域)のネットワーク化
 
 近畿管内は交付先候補なし。
 
<モデル3>
 三次医療圏のネットワーク化
府県 代表機関名 EHR名
滋賀県 (NPO)滋賀県医療情報 びわ湖メディカルネット
連携ネットワーク協議会

 
3 関係報道資料等
 ・ 「クラウド型EHR高度化事業」に係る交付先候補の決定(平成29年3月7日)
   http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000163.html

 ・ クラウド型EHR高度化事業に係る提案の公募(平成28年12月22日)
   http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu02_04000271.html
 

連絡先
情報通信部 情報通信振興課
担当:中野、山嵜
電話:06−6942−8520

ページトップへ戻る