総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2019) > 近畿2府4県におけるブロードバンドの普及状況(平成30年9月末)

報道資料

平成31年3月26日
近畿総合通信局

近畿2府4県におけるブロードバンドの普及状況(平成30年9月末)

 近畿総合通信局(局長:大橋 秀行)は、平成30年9月末現在の近畿2府4県におけるブロードバンド(固定系及び移動系)の普及状況について、以下のとおり取りまとめたので公表します。
○ ブロードバンドサービスの契約数は34,686,135前四半期からの増加数は651,633となっています(全国の契約数は229,075,755、増加数は5,631,702)。
[別紙1、参考-図1・2]

1 固定系ブロードバンドサービスの普及状況

○ FTTHアクセスサービスの契約数は5,148,369であり、前四半期からの増加数は24,109となっています。また、世帯普及率は53.6%となり、全国平均の52.9%を1.1ポイント上回っています。なお、都道府県別のFTTHの世帯普及率では、滋賀県が66.1%で引き続き全国で1位となっています。
 その他のサービスについては、別紙2「固定系ブロードバンドサービスの普及状況等(平成30年9月末現在)」のとおりとなっています。
※注: 世帯普及率については、平成30年住民基本台帳(H30.1.1現在)【総務省公表】の世帯数で計算しています。
[別紙2、参考−図3]

2 移動系ブロードバンドサービスの普及状況

○ 3.9−4世代LTE方式の契約数は18,012,170 であり、前四半期からの伸び率は2.2%(全国の契約数127,722,735、伸び率は2.9%)となっています。
○ BWAの契約数は9,749,660であり、前四半期からの伸び率は2.7%(全国の契約数は61,810,431、伸び率は3.1%)となっています。
 その他のサービスについては、別紙3「移動体通信(携帯電話・PHS・BWA)の普及状況等(平成30年9月末現在)」のとおりとなっています。
[別紙3、参考-図4・5]

連絡先
情報通信部電気通信事業課
(担当:下村、倉田)
電話:06−6942−8518

ページトップへ戻る