総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 放送 > デジタル放送のNHK総合(大阪・神戸)、サンテレビの受信不良について

デジタル放送のNHK総合(大阪・神戸)、サンテレビの受信不良について

 大阪府(能勢町、豊能町を除く地域)と兵庫県(垂水区・西区・北区を除く神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、川西市、宝塚市)の地域で、アナログ放送のテレビ大阪を受信するために設置したUV共用アンテナを利用してデジタル放送を受信した場合、受信装置の老朽化等によってデジタル放送のNHK総合(大阪)、NHK総合(神戸)、サンテレビが良好に受信できない場合があります。 
 対象となるのが、アナログのNHK・広域民放(2ch〜12ch)のVHF帯とテレビ大阪(19ch)のUHF帯を受信するためのUV共用アンテナ、さらにサンテレビ(36ch)用のUHFアンテナを混合した受信装置に多く起こっています。
 これは、アナログ放送を良好に受信する目的から、受信を必要としない20ch〜27chをフィルターでカットして電波の混信を防ぐ製品(製品によって若干の違いあり)が多く用いられたためで、そのまま利用することによりデジタル放送のNHK神戸(22ch)、同大阪(24ch)、サンテレビ(26ch)が受信できない状況となるものです。 

  これらの状況にあるご家庭等は、お近くの電気店等にご相談をお願いいたします。

例)UV共用アンテナ(下・生駒山方向)とUHFアンテナ(上・神戸方向)

例)UV共用アンテナ(下・生駒山方向)とUHFアンテナ(上・神戸方向)

アナログ放送とデジタル放送のチャンネル構成

アナログ放送とデジタル放送のチャンネル構成

ページトップへ戻る