現在位置:ホーム > 放送 > 地上デジタル放送ホームページ > デジタル化のスケジュールは? > 京都・比叡山の地上デジタルテレビ放送中継局がフルパワーに

京都・比叡山の地上デジタルテレビ放送中継局がフルパワーに

平成22年9月27日現在

2010年7月24日、比叡山に新たな京都中継局が開局し、アナログ放送への影響を確認しながら段階的に送信出力の増力を進め、9月27日からフルパワーの定格出力20ワットによる運用を行うこととなりました。

これにより、京都中継局の放送エリア内では、比叡山に向けたアンテナだけで京都府を放送対象地域とする全チャンネル(注1)の視聴が可能な放送エリアが拡大されます。(注2)(注3)

現在、ビル陰などの共同受信でテレビを見ているご家庭や、生駒山からの電波が届きにくいご家庭でも比叡山向けにアンテナを設置することで地上デジタル放送の視聴が改善されます。

(参考) 報道発表資料「京都・比叡山の地上デジタルテレビ放送中継局がフルパワーに」(平成22年9月27日)

<京都中継局の放送エリアのめやす>

【定格出力時:送信出力20ワット】

【NHK教育】
NHK教育の放送エリアのめやす図
【毎日放送、朝日放送、関西テレビ、読売テレビ】
毎日放送、朝日放送、関西テレビ、読売テレビの放送エリアのめやす図

(注1) NHK(総合・教育)、毎日放送、朝日放送、関西テレビ放送、讀賣テレビ放送、京都放送
※ NHK総合及び京都放送は、2005年4月1日から放送を開始しています。
(注2) 放送エリアは、電波法令に規定する「放送区域」を表しており、地上10メートルの高さで、送信所からの放送波の電界強度が毎メートル1ミリボルト以上得られる区域として算出されたものです。
(注3) 放送エリア内であっても、地形やビル等の影響により電波が遮られる場合など、視聴できないことがあります。

京都府を放送区域とする全ての放送が見られます!

イメージ図

  • 新しく比叡山に置局するデジタル放送中継局の方角へ向け、ご自宅にUHFアンテナを設置すれば、地デジがご視聴できます。
  • 従来通り、比叡山と生駒山(大阪)両方の方角へ向け、ご自宅にUHFアンテナを設置しても、地デジがご視聴できます。

個別のアンテナ設置で受信できる可能性があります!

  • 共同アンテナでご視聴の場合、デジタル放送では建物などの影響が少なくなり、ご自宅にアンテナを建てることで視聴可能となる場合があります。
    それでもなお引き続き障害が発生する場合は、共同アンテナの管理者などに至急ご相談してください。

共同受信施設の設置・改修には助成金があります!

  • ビル陰など受信障害対策用の「共同受信施設」を設置・改修、ケーブルテレビへの切り換えには、国の助成が受けられます。
[お問い合わせ先]
総務省テレビ受信者支援センター(デジサポ)
電話番号:0570-093-724
受付時間:平日の午前9時から午後6時
※ IP電話等、ナビダイヤルがつながらない方は、03-5623-3121までお願いします。

地デジを装った、悪質商法にご注意ください!

  • テレビの調査会社やアンテナ工事業者を装って、地上デジタル放送を受信するための機器の販売や工事の勧誘を行うなど、悪質商法や不正請求による被害が発生しています。 頼んでもいないのに訪問して地上デジタル放送の移行にともなう不安や情報不足につけ込む悪質商法にご注意ください。
ページの先頭へ戻る
このサイトはJIS X 8341-3に対応しています。