総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 電波利用 > 簡易無線局のアナログ方式の周波数の停波について

簡易無線局のアナログ方式の周波数の停波について

簡易無線局の350MHz帯及び400MHz帯のアナログ方式の周波数の使用期限は、平成34年11月30日までです。

1. 使用期限が平成34年11月30日までのアナログ周波数

  • 348.5625MHzから348.775MHzまでの12.5kHz間隔の18波
  • 348.7875MHz、348.8MHz
  • 465.0375MHzから465.15MHzまでの12.5kHz間隔の10波
  • 468.55MHzから468.85MHzまでの12.5kHz間隔の25波

2. 停波措置

以下のいずれかの対応をお願いします。

  • アナログ方式の簡易無線局の場合
    • 平成34年11月30日までに無線局の廃止手続きを行う
    • デジタル方式の簡易無線局に変更する

※平成29年12月1日以降の日付で再免許を受ける場合、免許の有効期間は「平成34年11月30日まで」となります。

  • アナログ/デジタルのデュアル方式の簡易無線局の場合
    • アナログ周波数を発射できないよう平成34年11月30日までに無線機の製造メーカー等でアナログ方式の周波数の発射を停止する措置を行う

3. 変更申請・廃止手続き

簡易無線局を廃止する場合やアナログ無線機からデジタル無線機へ変更する場合、そして、アナログ方式の周波数の発射を停止する措置を行った場合は、変更申請等の手続きが必要となります。

連絡先:無線通信部 陸上第三課
電話:(06)6942−8563

ページトップへ戻る