総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > アマチュア無線について > 新スプリアス規格への対応に関する手続きについて

新スプリアス規格への対応に関する手続きについて

  • 平成29年12月1日以降は、旧スプリアス規格の無線機にて開設、追加(増設)又は取替の申請手続を行うことはできません。
  • 旧スプリアス規格の無線機は、平成34年12月1日以降は使用できません。
 現在お使いの旧スプリアス規格(不明なものも含みます)の無線機を平成34年12月1日以降もご使用になる場合は、平成34年11月30日までに、次のいずれかにより対応及び手続を行ってください。 

新スプリアス規格への対応に関する手続き

(1) 新スプリアス規格の無線機への取替 (変更申請が必要です)
(2) 旧スプリアス規格の無線機について、次のいずれかにより新スプリアス規格に適合していることを確認の上、「スプリアス発射及び不要発射の強度確認届出書」(a・bは測定データが必要)を提出

 a. フィルタの挿入(あらかじめ無線局変更申請による許可が必要です)
 b. 実力値の確認
 c. 製造業者等が測定したデータの活用
 d. 保証(200W以下の送信機)
   保証実施者 : (一財)日本アマチュア無線振興協会(JARD)
   電話: 03-3910-7286
   ホームページ:https://www.jard.or.jp/

スプリアス発射及び不要発射の強度確認届出書を提出する場合について

提出書類
  スプリアス発射及び不要発射の強度確認届出書

提出先
  近畿総合通信局 アマチュア無線担当 (送付先住所等はこちら

制度の詳細について

  無線設備のスプリアス発射に係る制度の詳細については、電波利用ホームページをご参照ください。

ページトップへ戻る