現在位置:ホーム > 放送 > BS放送21・23チャンネル受信で発生する携帯電話基地局の混信対策のための工事の実施について

BS放送21・23チャンネル受信で発生する携帯電話基地局の混信対策のための工事の実施について

ご家庭でBS受信アンテナに使用されている機器からは、不要な電波が漏えいすることがあります。そのような機器で平成23年以降に放送が開始されるBS21チャンネルまたは23チャンネルの電波を受信した場合、漏えいした電波が携帯電話などに影響を与えるおそれがあることが判明しています。

混信イメージ図

このため、総務省、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、日本放送協会及び株式会社放送衛星システムが協力して、「一部の形態のBS放送受信システムの電波干渉問題対策実施協議会」を設置し、平成21年7月から平成22年2月15日までの対策期間を定め不要電波の発生箇所の特定及び対策工事を実施しています。

調査結果に基づき、対策実施協議会が対策工事を依頼している対策実施業者(京セラコミュニケーションシステム株式会社)において、不要電波の漏えいの可能性のあるご家庭を訪問し、対策内容をご説明した上で対策工事を実施いたしますので、ご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

なお、この対策期間における対策工事は無償で実施いたします。

この対策工事に関して不明な部分がございましたら、下記までお問い合わせください。

■ 対策工事に関する問い合わせ先
(対策実施業者)
  京セラコミュニケーションシステム株式会社
  電話:0120-160145(通話料無料:受付時間 午前9時から午後10時)
■ 対策実施協議会に関する問い合わせ先
(対策実施協議会事務局)
  株式会社放送衛星システム
  電話:03-3453-6521
■ 制度に関する問い合わせ先
  総務省 近畿総合通信局 放送部放送課
  電話:06-6942-8566
■ 一部の形態のBS放送受信システムの電波干渉問題に係わる内容
(株式会社放送衛星システム)
  http://www.b-sat.co.jp/radio-disturbance/index.html
(総務省)
  一部の形態のBS放送受信システムの電波干渉問題について【平成20年5月30日】
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2008/080530_19.html
  「BS放送受信システムから携帯電話への干渉を防止するために」(周知事項)について【平成20年12月17日】
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2008/081217_2.html
  一部の形態のBS放送受信システムの電波干渉問題について【平成21年2月13日】
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/090213_3.html
  対策実施業者は、身分証明書を携行(対策工事を依頼された業者は、社員証などの証明書を携行)しておりますので、不審に思われた場合は提示を求めご確認を頂きますようお願いいたします。
  平成21年7月から平成22年2月15日までの対策期間における調査や対策工事には、費用の負担は一切ございません。また、対策実施業者が費用を請求することも一切ありません。
ページの先頭へ戻る
このサイトはJIS X 8341-3に対応しています。