総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2011) > V-Highマルチメディア放送を行う移動受信用地上基幹放送局に予備免許

報道資料

平成23年12月1日
近畿総合通信局

V-Highマルチメディア放送を行う移動受信用地上基幹放送局に予備免許

―近畿管内で初めてのV-Highマルチメディア放送―
 近畿総合通信局(局長:野津 正明)は本日、株式会社ジャパン・モバイルキャスティングに対し、V-Highマルチメディア放送を行う移動受信用地上基幹放送局(大阪局、京都局、三木局)に予備免許を交付しました。

予備免許したV-Highマルチメディア放送を行う移動受信用地上基幹放送局

 
府県 中継局名 放送事業者名 電波の型式、
周波数及び
空中線電力
主な放送区域 試験電波
送信予定日
開局予定日
大阪府 大阪 株式会社ジャパン・モバイルキャスティング 14M2 X7W
214.714286
メガヘルツ 
25キロワット
大阪市
京都市
神戸市
奈良市
大津市
平成24年
1月6日
平成24年
4月1日
京都府 京都 14M2 X7W
214.714286
メガヘルツ
7.5キロワット
京都市
大津市
奈良市
大阪市
平成23年
12月5日
平成24年
4月1日
兵庫県 三木 14M2 X7W
214.714286
メガヘルツ
500ワット
三木市
加古川市
明石市
平成24年
1月5日
平成24年
4月1日
 
  •   V-Highマルチメディア放送とは、地上アナログテレビ停波後の周波数のうち207.5メガヘルツ以上222メガヘルツ以下の周波数を使用して行なう携帯端末向け放送です。
  •   マルチメディア放送のサービスは、通信と放送が連携し、動画・音楽のほか、新聞・雑誌・電子書籍・ゲームなどの様々な形式のコンテンツが提供される他、従来の放送にない蓄積型放送や、高画質・高音質のリアルタイム型放送などが想定されます。
  •   試験電波送信によるテレビ受信障害について
      開局に先立ち、試験電波送信を行いテレビ受信障害などの確認をします。試験電波は受信者への影響を考慮しながら、減力送信から段階的に増力していく予定です。
      その際、一部の地域の方々やアンテナ設備又は受信方法によっては、受信障害を受ける場合があります。
      このような場合は、次のところにご連絡下さい。
   モバキャス受信障害対策センター
 0120-355-411(受付時間:午前9時から午後5時まで)


連絡先
近畿総合通信局 放送部放送課
担当:片桐、中山
電話:06-6942-8566

ページトップへ戻る