総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 報道発表資料(2019年一覧)

報道発表資料(2019年一覧)

4月

2019年4月18日
不法無線局の路上取締りで2名を告発
−大阪府池田市で警察署と共同で取締りを実施−
2019年4月17日
不法無線局の路上取締りで2名を告発
−大阪府堺市で警察署と共同で取締りを実施−
2019年4月16日
「滋賀県琵琶湖地域における電波有効利用検討会」の開催
2019年4月15日
電波法違反の無線従事者に対する行政処分について
−無線従事者の従事停止処分−
2019年4月1日
全国初、Peach Aviation株式会社に対し新たな制度の導入を認定
−航空機に搭載する無線局の無線設備等保守規程の認定制度−
2019年4月1日
総務省人事(平成31年4月1日付)

3月

2019年3月26日
近畿2府4県におけるブロードバンドの普及状況(平成30年9月末)
2019年3月25日
「課題解決型アプリ利活用モデル検討会」の開催について
2019年3月20日
留学生に多言語で災害情報を伝えるトライアルの実施について
2019年3月20日
大使館・領事館に対し被災地の自国民への情報伝達手段を利用開放する実証の開始について
Providing embassies and consulates a powerful tool to contact with their people in disaster-stricken areas
2019年3月18日
株式会社ラジオ関西のAMラジオの難聴が解消されます
−兵庫県内で初めてのFM補完中継局に免許−
2019年3月14日
不法無線局の路上取締りで1名を摘発
−東大阪市で警察署と共同で取締りを実施−
2019年3月12日
不法無線局の路上取締りで2名を摘発
−大阪府堺市で警察署と共同で取締りを実施−
2019年3月5日
兵庫県三田市母子におけるデジタル混信対策計画の公表
−地上デジタル放送のデジタル混信に対する対策計画策定−
2019年3月5日
外国人への多言語災害情報伝達システムの実証運用開始について
2019年3月1日
「RPA導入補助事業」に係る地方公共団体の公募開始及び近畿地区説明会開催のご案内

2月

2019年2月25日
特定信書便事業の許可
2019年2月20日
船舶に開設した不法無線局の共同取締りで1名を摘発
−京都府北部の港湾で宮津海上保安署と共同取締りを実施−
2019年2月19日
不法無線局の路上取締りで3名を摘発
−大阪府堺市で警察署と共同で取締りを実施−
2019年2月18日
電波法違反の無線従事者に対する行政処分について
−無線従事者の従事停止処分−
2019年2月15日
「防災行政無線屋外拡声音声の音質改善公開デモンストレーション」を実施
2019年2月15日
電波利用促進セミナーの開催
−2030年代に向けた電波利用の将来像について−
2019年2月14日
不法無線局の路上取締りで4名を摘発
−大阪府茨木市で警察署と共同で取締りを実施−
2019年2月12日
不法無線局の路上取締りで1名を摘発
−大阪府泉佐野市で警察署と共同で取締りを実施−
2019年2月8日
「南海トラフの巨大地震とその津波対策のための災害情報協議会」
参加地方自治体の公表
2019年2月7日
第3回地域コンテンツ流通促進セミナーの開催
−まだまだ未知数!潜在する近畿地方の魅力を、世界に伝える方法は?−
2019年2月1日
「もてなしと共生のための情報対策協議会」の発足について

1月

2019年1月28日
不法無線局の路上取締りで1名を摘発
−大阪府堺市で警察署と共同で取締りを実施−
2019年1月25日
不法無線局の路上取締りで1名を摘発
−大阪府羽曳野市で警察署と共同で取締りを実施−
2019年1月23日
第4世代移動通信システム用無線局を免許
−楽天モバイルネットワーク株式会社に無線局の免許を付与−
2019年1月18日
「南海トラフの巨大地震とその津波対策のための災害情報協議会」を設立
2019年1月17日
医療機関における電波の安全性に関する説明会の開催
2019年1月16日
「コンテンツ海外展開セミナーin大阪」を開催
−総務省及び外務省、農林水産省、経済産業省、観光庁の支援策等を紹介−
2019年1月16日
平成30年度情報セキュリティ&危機管理セミナーを開催
−「サイバーセキュリティ月間」関連行事−
(定員に達したため、受付を終了しました。)
2019年1月9日
電波法違反の簡易無線局に対する行政処分について
−無線局の運用停止処分−

RSS

 

掲載期間のご案内

近畿総合通信局ホームページの報道発表資料の掲載期間は、過去3年度分となります。

掲載期間を過ぎたページは、国立国会図書館ホームページに保存されている場合がありますのでご利用ください。

 
  • ※ インターネット資料収集保存事業は、インターネット上で公開されている数多くの有用な情報資源を、文化遺産として将来の世代のために保存するプロジェクトとして、国立国会図書館が取り組んでいるものです。

ページトップへ戻る