総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 安心・安全 > 近畿地方非常通信協議会 > 防災情報通信講演会を開催

防災情報通信講演会を開催

 阪神・淡路大震災の教訓を踏まえた防災意識の向上に関する講演会及びICTを活用した災害に強い情報通信機器の展示会を開催しました。

1 開催日時

平成27年5月28日(木)午後2時30分から3時30分まで

2 開催場所

KKR HOTEL OSAKA
(大阪市中央区馬場町2-24)

3 講演会

演題:「伝える」ことの大切さ
講師:株式会社神戸新聞社 報道部次長兼編集委員 長沼 隆之 氏

4 展示会

ICTを活用した災害に強い情報通信機器展示会の開催

5 開催模様

 阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、震災の経験や教訓を正しく伝えて次の災害に向けての備えに生かしていくために、「伝える」ことの大切さについて、マスメディアの立場から講演いただきました。
 展示会では、関係企業13社によるデジタル防災無線システム、Lアラート、移動式ICTユニットなどのICTを活用した災害に強い情報通信技術に関する展示を行いました。



 

講演風景

【講演風景】

展示風景

【展示風景】

ページトップへ戻る