総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 九州総合通信局 > 災害情報伝達に関するセミナー

災害情報伝達に関するセミナー

西日本の総合通信局(九州・近畿・中国・四国)が共同開催

−相次ぐ大規模災害の発生を受けて”伝える”から”伝わる”へ災害情報伝達のあり方を考える−

 近年、豪雨災害や大規模地震が相次ぐ中、西日本の総合通信局(九州(局長:森 孝)・近畿(局長:大橋 秀行)・中国(局長:長塩 義樹)・四国(局長:村松 茂))は、防災・減災に協力して取り組んでいます。
 異常気象の激化・常態化を背景に、そうした取り組みの一環としてそれぞれの被災経験なども踏まえて情報共有の機会を作り、地方公共団体の担当職員の方々に今後の取り組みのためのヒントを持ち帰っていただける「災害情報伝達に関するセミナー」を4局で共同して企画、開催することといたしました。
 本セミナーでは、災害情報提供に課題を抱えている地方公共団体と総合通信局が協働して課題を解決する契機として、地域の特性・実情に応じて”生きた”事例を学びあう場を目指します。
 

各局で開催するセミナーの概要は以下のとおりです。

  近畿総合通信局 中国総合通信局 四国総合通信局 九州総合通信局
日時 平成30年11月5日(月)
9時30分〜16時50分
平成31年1月中旬
(予定)
平成30年11月6日(火)
13時30分〜16時40分
(12時30分から受付開始)
(1)平成30年10月15日(月)16時00〜17時30分
(2)平成30年11月14日(水)14時00分〜16時30分
会場 大阪歴史博物館
《セミナー:講堂》
《展示会:第1研修室》
(大阪市中央区大手前4-1-32)
広島市内(予定) ピュアフル松山勤労会館
5階 白鷺の間
(松山市宮田町132)
(1)熊本市国際交流会館7階
(熊本市中央区花畑町4-18)
(2)KKRホテル熊本2階
(熊本市中央区千葉城町
3-31)
内容
・申込方法
終了しました
開催概要はこちら
をご覧ください
開催結果はこちら
をご覧ください
  終了しました
開催概要はこちら
をご覧ください
(1)終了しました
開催概要はこちら
をご覧ください
開催結果new!
(2)終了しました
開催概要はこちら
問合先 防災対策推進室
(大角、小田、渡辺)
電話:06-6942-8504
防災対策推進室
電話:082-222-3371
無線通信部陸上課
電話:089-936-5066
防災対策推進室
(露口、中岡)
電話:096-326-7334

九州総合通信局「災害情報伝達に関するセミナー」

(1) パネルディスカッション「再考:大災害と情報・メディア」

 一般財団法人全国地域情報化推進協会(APPLIC)との共催により、平成30年10月15日から16日にかけて熊本市で開催された「ICT利活用サミットin熊本」において、災害情報伝達をテーマにしたパネルディスカッションを開催しました。
(「ICT利活用サミットin熊本」開催についてのトピックス記事はこちら → 1日目 2日目

○コーディネータ
(一財)全国地域情報化推進協会 ICT利活用地域イノベーション委員会 委員長
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科長 教授 三友 仁志 氏

○パネリスト
・前福岡大学法学部 准教授 西澤 正道 氏
・LINE株式会社 執行役員 公共政策室 室長 江口 清貴 氏
・名古屋大学大学院法学研究科 教授 林 秀弥 氏
・静岡大学学術院情報学領域 准教授 高口 鉄平 氏
・早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 准教授 中嶋 聖雄 氏
・(一社)日本民間放送連盟 研究所長 木村 幹夫 氏
・(一財)マルチメディア振興センター 主席研究員 田中 絵麻 氏

 

パネルディスカッションの様子1

<パネルディスカッションの様子>


 最初に、ショートプレゼンテーションとして、西澤氏から、「コミュニティ防災とICT-熊本地震、九州北部豪雨、西日本豪雨等を踏まえて」と題して、情報通信学会国際コミュニケーション・フォーラム「ICT×AI×防災・減災」での議論のポイントについて説明がありました。
 

ショートプレゼンテーション 西澤氏

<ショートプレゼンテーション 西澤氏>


 次に江口氏から、「災害時のLINE活用と防災・減災につながるネットコミュニケーション」と題して、熊本地震時において情報伝達の手段としてLINEが活用された事例等について説明がありました。



 

ショートプレゼンテーション 江口氏

<ショートプレゼンテーション 江口氏>


 ショートプレゼンテーションをふまえ、パネリストから以下のような指摘や説明がありました。
  林氏 「費用便益分析の観点から、防災無線以外にも様々なツールの検討が必要ではないか」
  高口氏 「防災における個人情報の利用についてもう少し柔軟に考えるべき」
  中嶋氏 「SNSの利用に際し、発信側のメディアリテラシーが重要になってきている」
  木村氏 「メディアの側では、フェイクニュース対策として、情報源を地道にあたるしかない」
  田中氏 「日本の防災の特徴は、LINEやLアラートといったツールがしっかり連携できていることがあげられる」

 ディスカッションでは、コーディネータの三友氏から「最近メディアが、一般人が撮影した映像等を使う機会が増えているように感じるが、どのようなことが必要か」との問題提起に対し、パネリストから「情報の裏をしっかりとることが必要」や「マスメディアとソーシャルメディアの融合に当たっては、情報を発信する側のメディアリテラシーが必要になるのではないか」などの提言がありました。最後に、「電子化と災害対応の強靱性を両立させることが今後必要になってくるのではないか」とコーディネータの三友氏の提言でパネルディスカッション2は終了しました。
 

パネリストの方々

<パネリストの方々>

 

ページトップへ戻る