総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 九州総合通信局 > 報道資料 2019年 > 10月はテレビ・ラジオ受信環境クリーン活動の集中月間

報道資料

令和元年9月30日
九州総合通信局
九州受信環境クリーン協議会

10月はテレビ・ラジオ受信環境クリーン活動の集中月間

 九州総合通信局[局長:岡野 直樹(おかの なおき)]と九州受信環境クリーン協議会(以下、「九州協議会」)[会長:牛島 和夫(うしじま かずお)九州大学名誉教授]は、今年で65回目となる「受信環境クリーン月間」において、令和元年10月1日から31日までの間、九州各県でテレビ・ラジオの受信障害防止活動を集中的に取り組みます。
 また、先に実施した全国の中学生を対象とした第52回「受信環境クリーン図案コンクール」において、九州各県から応募のあった776作品の中から九州協議会会長賞(金賞)12作品をはじめとする入賞作品及び入選作品を選出しました。この金賞作品のうち、3作品は受信環境クリーン中央協議会の入賞作品として選出されました。
 これら入賞作品は、期間中、九州各県で展示されます。

1 「受信環境クリーン月間」の取組について

 「受信環境クリーンフェア2019」の開催
  日時:令和元年10月2日(水) 10時から16時まで
  場所:熊本市中央区新市街アーケード内
  内容:オープニングセレモニー、受信相談コーナー開設、パネル展示(「地上デジタル放送に関する受信障害」等)、
      図案コンクール入賞作品展示など
  ※その他、九州各県での取組は【別紙1PDF】のとおりです。

【参考】
○九州受信環境クリーン協議会
 テレビ・ラジオ放送の受信障害防止を図り、電波の能率的な利用と良好な受信環境を確保することを目的として、昭和26年2月に設立されました。九州総合通信局をはじめとする国の機関、地方公共団体、放送事業者、電力事業者、情報通信関連団体・企業等によって構成しており、また、各県には連絡会を設置して地域での活動を展開しています。
中央の組織として受信環境中央クリーン協議会があり、全国には11の地方協議会があります。
○受信環境クリーン月間
 建造物、無線局、電気雑音、ブースター等による受信障害の防止対策を推進し、かつ、受信障害の防止に関する知識の普及を図ることを目的として、昭和30年から10月1日〜10月31日までの1か月間、毎年実施しているもので、今年で65回目となります。

2 第52回「受信環境クリーン図案コンクール」入賞作品(抜粋)  

受信環境クリーン中央協議会 入賞作品
 
日本民間放送連盟会長賞
<日本民間放送連盟会長賞>
宗像市立城山中学校(福岡県)
3年 出光 悠美菜さん
()()()
 
中央協議会奨励賞1
<中央協議会奨励賞>
宗像市立城山中学校(福岡県)
2年 白武 和さん
 
中央協議会奨励賞2
<中央協議会奨励賞>
佐世保市立清水中学校(長崎県)
3年 城戸 杏梨さん
()()
 
※上記3作品は、九州協議会会長賞(金賞)受賞作品です。
※受信環境中央クリーン協議会の入賞作品は 同協議会HP別ウィンドウで開きますをご参照ください。

【参考】
○「受信環境クリーン図案コンクール」
 全国の中学生を対象に、テレビ・ラジオの良好な受信環境を表現した図案を募集し、生徒、学校関係者、一般家庭に対する知識の普及を図ることを目的として、受信環境クリーン協議会と各地方協議会が連携して昭和43年から毎年実施しているもので、今年で52回目となります。

 
九州受信環境クリーン協議会 会長賞(金賞)作品
九州受信環境クリーン協議会会長賞(金賞)
※九州管内の入賞作品・入賞者及び入選作品・入選者は【別紙2PDF】のとおりです。
※九州各県における入賞作品の展示場所・期間は【別紙3PDF】のとおりです。
()()()()

連絡先
放送部放送課 096-326-7871

ページトップへ戻る