総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 九州総合通信局 > 携帯中継装置の注意事項

携帯中継装置の注意事項

携帯電話の電波を中継する装置についてのご注意!

 最近、携帯電話の電波を中継する違法な装置からの電波が、携帯電話用基地局に障害を与え、携帯電話が使用できなくなる事例が発生しています。
 この装置は、携帯電話の電波が届かない地下店舗やビル内でも携帯電話の通話が可能となるように、「携帯電話中継器」あるいは、「携帯電話回線補償器」等と称して販売されているもので、一部では「電波法準拠の商品です」、「電波は微弱ですので電波法等の問題はありません」又は「電波法適用外の製品です」等として販売されています。


携帯電話の電波を中継する装置
【イメージ画像】携帯電話の電波を中継する装置

 しかし、微弱な電波で携帯電話を中継することは、システム的に不可能です。
 電波法では、無線局を開設する場合には、微弱な電波を発射する無線機を除き、総務大臣の免許を受けなければなりません (電波法第4条)。
 携帯電話の電波を中継する装置についての免許は、携帯電話会社にしか与えられません。

 携帯電話会社以外の方がこれらの装置を設置し、運用した場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる場合もあります。(電波法第110条第1項)
 よって、携帯電話の電波を中継する装置を設置して、運用している場合には、速やかに使用を中止し、撤去してください。
 なお、地下街の店舗等で携帯電話を使用したい場合は、携帯電話会社にご相談ください。

問合せ先
九州総合通信局 電波監理部 調査課
TEL:096-312-8276 FAX:096-312-8259

ページトップへ戻る