総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 九州総合通信局 > DEURAS-R - DEURAS Raceiver (遠隔受信設備)

DEURAS-R - DEURAS Raceiver (遠隔受信設備)

全国規模の電波監視網を構築
 鉄塔やビルの屋上に設置している一つのセンサ局と、地方 総合通信局に設置しているセンタ局とをISDN回線で結んで構成されています。
電波監視施設を全国的に整備するための設備で、不法電波の発生や混信などの申告がある度に、センタ局から測定すべき周波数等の制御情報をセンサ局に送り不法電波の到来方向の表示や音声のモニタを行います。測定周波数範囲は25MHz〜2GHzでやはり自動監視が行えます。

DEURAS-R (遠隔受信設備)
【イメージ画像】DEURAS-R (遠隔受信設備)

ページトップへ戻る