総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 九州総合通信局 > アマチュア無線 再免許申請

アマチュア無線 再免許申請

再免許申請

 アマチュア無線局の有効期間を延長するには、再免許申請の手続きが必要です。


再免許申請ができる期間

  1. 再免許申請ができる期間
     再免許の申請期間は、免許の有効期間の1年以内から1ヶ月前までの間に行わなければなりません。
     免許の有効期間は、電波利用料の納入告知書にも記載されていますので、ご確認ください。
  2. 申請期間経過後、又は、失効の場合の手続き
     申請期間を過ぎた場合、若しくは免許の有効期限が切れ失効した場合は、再免許の手続きは行えません。
     この場合、引き続きアマチュア無線を使いたい場合は、改めて免許申請が必要になります。
    [有効期限が無く、失効してしまったとき ⇒ 新規、再開のための手続き]
    [有効期限がまだ残っているとき ⇒ 継続(再免許が出来なかったとき)の手続き]

申請方法

  1. 書類の用意
     平成19年8月1日から申請様式が変わりました。(様式の簡略化により、無線局事項書及び工事設計書が不要になりました。)

    まず、申請書をご用意ください。
     申請書は、以下からダウンロードしたものが使えます。
     申請のために必要なものは、次の申請書(1枚)と、収入印紙3,050円 (収入印紙額は、局の規模に関係なく一律金額です)、返信用封筒 (82円切手を貼ったもの)が必要です。

    ※平成20年4月1日から、電子申請による手数料が減額されました。 また、アマチュア局の電子申請が手軽になりました。 総務省では、電子申請の普及を推進していますので、ご協力をお願いします。 電子申請について、詳しくはアマチュア局免許人電子申請・届出 システム(Lite)をご覧ください。
    書類名 ダウンロード 記載要領
    アマチュア無線局再免許申請書 Word形式WORD
    一太郎形式
    PDF形式PDF PDF形式PDF
    なお、申請書は、お近くのハムショップ、社団法人日本アマチュア無線連盟(JARL)でも販売されています。

    (通信販売によりお求めいただく場合の連絡先)
     社団法人日本アマチュア無線連盟別ウィンドウで開きます  03-3988-8752
  2. 記載方法
    市町村合併、区画整理などにより住所表記が変わった場合は、申請書の下部余白に「住居表示の変更あり」と記載し、新住所で申請してください。
    その他の事項については、記載要領をご参照ください。
  3. 提出先
    書類は、九州総合通信局 無線通信部 陸上課 私設無線担当までご提出ください。

ページトップへ戻る