総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 九州総合通信局 > アマチュア無線 電子申請

アマチュア無線 電子申請

電子申請

電子申請とは

 電子申請(インターネット申請)は、総務省ホームページにご用意する『電波利用 電子申請・届出システム別ウィンドウで開きます』から行います。電子申請とは、インターネットにより申請書類の提出、手数料の納付を行うものです。
 
ただし、申請に際しての免許状等の返信用封筒については、別途郵送していただく必要がございますのでご注意ください。

申請するために必要なもの
  1. 電子証明書
     平成20年4月1日から、アマチュア局の電子申請は手軽にな りました。(ご本人の申請に限ります)
    電子証明書やICカードリーダの取得不要で、新しく電子申請が できるようになりました。 無線従事者免許証の番号により本人確認を行い、新規ユーザ 登録(アマチュア局専用IDパスワード発行)が行えます。
    [IDパスワードの流れ]
    (1) 新規ユーザ登録をします。(登録には、無線従事者免許証の番号が必要です)
    (2) 発行されたユーザID・パスワードが郵送されます。(一週間程度かかります)
    (3) ユーザID・パスワードを利用して申請・届出手続きができます。
    ※すでに現在の電子申請をご利用の方は、そのままご利用することができます。 新規ユーザ登録の手続きについて、詳しくはアマチュア局免許人専用電子 申請・届出システム(Lite)をご覧ください。
  2. 各申請専用プログラムのインストールが不要
     アマチュア局免許人専用電子申請・届出システム(Lite)では、パソコン端末へのJava Plug-inのインストールや専用プログラムのインストールが不要となり、簡単になりました。なお、申請者と総務省間の通信暗号化のため「安全な通信を行うための証明書」の入手設定は別途必要です。詳しくは、電子申請・届出システム(Lite)のはじめる前に「電子申請の準備」をご覧ください。

電子納付について

 免許申請、再免許申請、再交付申請は、申請手数料が必要ですが、電子申請を行う場合は、これら手数料の納付方法を電子納付で行っていただく必要がございます。
電子納付の方法は、まず、申請後、申請のため登録されたメールアドレスへ電子納付のお知らせ(納付番号)が届きます。
このお知らせに基づき、インターネットバンキング、又は、特定の金融機関ATMから納付することができます。
詳しくは、電子申請・届出システムの「電子納付について」および「よくある質問」をご覧ください。


申請手数料について

電子申請の申請手数料は、電子申請普及推進のため書面による申請手数料に比べ安く設定されています。
申請種別 手数料額
無線局免許申請
  空中線電力50W以下の場合
  空中線電力50Wを超える場合
2,900円
5,500円
無線局再免許申請 1,950円
無線局免許状再交付申請 1,150円
※平成20年4月1日から電子申請による免許申請及び再免許申請手数料額が引き下げられました。詳しくは電波利用ホームページ(電子申請改正手数料一覧)別ウィンドウで開きますをご覧ください。


電子申請・届出システムに関するお問い合わせ

総務省 電波利用の電子申請・届出システムに関するお問い合わせは、ヘルプデスク別ウィンドウで開きますまでお願いいたします。
なお、当システムに関する「よくある質問別ウィンドウで開きます」のページを用意いたしておりますのでご覧ください。

ページトップへ戻る