総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 九州総合通信局 > アマチュア無線 免許申請

アマチュア無線 免許申請

免許申請

 アマチュア無線局を開設したいときは、無線局免許申請を行う必要があります。
 また、再免許の申請期間を過ぎた場合や、再度開設したい場合も、新たに免許申請が必要です。
 

申請方法

■ 免許申請の手続き
 使用する無線設備の規格によって、申請方法が異なります。

1.空中線電力が200W以下の無線設備を使用する場合であって、
(1)技術基準適合証明設備で申請をするとき
 無線局免許申請書、無線局事項書及び工事設計書に必要事項を記載の上、九州総合通信局へ提出してください。
*工事設計書に技術基準適合証明番号の記載が必要になります。送信機に貼付されている技術基準適合証明のシール(以下参照)をご確認ください。

(例:技術基準適合証明のシール) 技適ラベルは、20mm程度の小さなシールです。
【イメージ画像】技術基準適合証明のシール

(2)保証を受けた無線設備で申請するとき
 技術基準適合証明を受けていない無線設備、若しくは、技術基準適合証明を受けた無線設備にパケット、SSTV、外付けのRTTYなど附属装置を取り付けて開設する場合は、事前にアマチュア局の保証業務を行う者から保証を受けた無線設備で申請する必要があります。
  
   保証による申請手続きについて、詳しくは、下記までお問い合わせください。
     【保証業務実施者】
    ●ティエスエス株式会社 
      電話:03-5976-6411 URL:http://tsscom.co.jp
    ●一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD保証事業センター) 
      電話:03-3910-7263 URL:http://www.jard.or.jp/hosho/ 
 
 2.空中線電力が200Wを超える無線設備を使用するとき
 上記1,2により無線局免許申請書、無線局事項書及び工事設計書に必要事項を記載の上、九州総合通信局へ提出後、法令に適合していれば、「予備免許通知書」が交付されます。
その後、九州総合通信局、若しくは、登録検査等事業者による新設検査を受け、規定に合致していれば、免許が与えられます。
  詳しくは、九州総合通信局 陸上課私設無線担当までお問合せください。
 
■ 再免許の申請期間を過ぎてしまった場合の手続き
  再免許の申請期間(有効期間の1年前から1ヶ月前まで)を過ぎた場合は、再免許の手続きは行えませんので、引き続きアマチュア局を運用するためには、新たに免許申請が必要です。
  
  申請方法は、上記記載と同様ですが、次の条件を満たす場合に限り、以下のとおり、簡易な免許手続で申請することが出来ます。
 <条件>
・免許の有効期間内に申請するものであること
・免許の期間中において工事設計書の内容に変更がないこと
 ・変更があった場合で、全ての事項を記載した工事設計書を提出していること
 
<簡易な免許手続>
・技術基準適合証明設備でないものであっても保証が不要
・工事設計書の記載が省略可能
 
  *送信機が、技術基準適合証明を受けていない無線設備(保証機器)であっても、従前と同じ送信機であれば、改めて保証を受ける必要はありません。
   また、申請に際し、工事設計書の記載が省略できますので、省略する場合は、必ず備考欄に「工事設計の内容に変更なし」と明記してください。 
 
 <ご注意>
   免許の有効期間が過ぎると、新たな免許を受けるまでは、無免許の状態です。このため、新たな免許を受けるまでは絶対に無線局を運用しないでください。

 

申請に必要な書類等

申請に必要な書類等は、次のとおりです。なお、申請書類は、以下からダウンロードして使用することができます。
 
  ◆無線局免許申請書類一式 (免許申請書、事項書及び工事設計書、工事設計書2ページ目)
  ◆申請手数料 (収入印紙)
  ◆返信用封筒 (82円切手を貼ったもの)
  ◆図面等 (送信機系統図、附属装置の諸元と送信機の関係を示す書類)
  (技術基準適合証明設備のみの無線設備による申請の場合には、図面等は必要ありません) 
 
  〜スプリアスの規格が変わりました〜 記載上の注意が必要です
   平成19年12月1日から旧スプリアス規格の無線設備で申請(※)するには、無線局事項書の備考欄への記載が必要になります。詳しくは、記載要領をご確認ください。
   また、旧規格による無線設備の使用期限は平成34年11月30日までとなっています。
 
  ※平成19年11月30日以前に製造されている無線設備であって、平成29年11月30日までに申請する場合
  
  なお、新規格対応機種による申請の場合は記載の必要はありません。新規格対応機種リストは、電波利用ホームページ、一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARDホームページ)から発表されていますのでご確認ください。
 
書類名 ダウンロード 記載要領
アマチュア無線局免許申請書 Word形式WORD
一太郎形式
PDF形式PDF  
事項書及び工事設計書 (開局用) Excel形式EXCEL PDF形式PDF PDF形式PDF
※事項書及び工事設計書は、2枚にわたります。

保証を受けるための保証願書は、ティエスエス株式会社別ウィンドウで開きます又は一般財団法人日本アマチュア無線振興協会別ウィンドウで開きますのホームページから入手することができます。 
 
なお、申請書類は、お近くのハムショップや下記でも販売されています。
(通信販売によりお求めいただく場合の連絡先)
●一般社団法人日本アマチュア無線連盟  電話:03-3988-8752 
●一般財団法人情報通信振興会   電話:03-3940-3951
 
 
申請書の提出先
  
(直接申請する場合)
●〒860-8795 熊本市西区春日2丁目10番1号
    九州総合通信局 無線通信部 陸上課 私設無線担当
 
(保証を受けて申請する場合)
●〒112-0011 東京都文京区千石4-22-6
ティエスエス株式会社 保証事業部
〒170-8088 東京都豊島区巣鴨3−36−6 共同計画ビル7階
一般財団法人日本アマチュア無線振興協会 JARD保証事業センター


 

申請手数料

申請手数料は、空中線電力によって異なります。
 (書面による申請の場合)
   空中線電力 50W以下のもの  ----- 収入印紙 4,300円
    空中線電力 50Wを超えるもの ----- 収入印紙 8,100円
 (電子申請の場合)
   空中線電力 50W以下のもの  ----- 2,900円
    空中線電力 50Wを超えるもの ----- 5,500円
 
  電子申請がより便利でお得になりました。詳しくは、「電子申請別ウィンドウで開きます」のページをご覧ください。
 

旧コールサインの再付与希望

 以前使っていたコールサインの再付与を希望するときは、免許申請の際に次の手続きを行ってください。
 
・無線局事項書の『備考』欄余白に、『旧コールサイン希望:J○6×××』と記載してください。
 
 なお、免許の有効期間後6ヶ月が過ぎて希望する場合は、以前使っていたことを証明する書類(コールサインが分かる古い免許状コピー、コールブックの写し、旧コールサイン確認書等)の添付が必要です。
 旧コールサイン確認書は、一般社団法人日本アマチュア無線連盟が無料で行っています。
  詳しくは、一般社団法人日本アマチュア無線連盟ホームページをご覧ください。
 
 ただし、免許の有効期間後6ヶ月を過ぎると、使用していたコールサインが他の免許人へ付与され、再付与できない場合があります。
 

ページトップへ戻る