電波利用料Q&A

Q1. 電波利用料はいくらか

Q2. 電波利用料はいつ払えばいいのか

 電波利用料は、無線局の免許の日、その翌年以降は、その免許の日に応当する日から始まる各1年分を納付していただくことになります。例えば、無線局の免許の日が平成 14年4月1日の場合は、毎年4月1日が応当する日となります。これを「応当日」と言います。

 なお、毎年、応当日になると、無線局の免許をお持ちの方には、総務省から、振り込み用紙である「納入告知書」を送付しますので、指定された納付期限以内に郵便局(簡易郵便局を除く。) 又は銀行等で納付して下さい(納付手数料は無料)。

Q3. 電波利用料は、無線機を使っていなくても払わないといけないのか

 無線機を使っていなくても、「無線局の廃止届」を九州総合通信局へ提出していない場合は、無線局の効力が継続していることになりますので、毎年、電波利用料の納付義務が発生します。

 このため、次のような場合は、無線局の免許を有していることになり、電波利用料の納入義務が生じますので注意して下さい。

  • 無線機を全く、あるいは特定の短期間しか使わなかった
  • 無線機を手放した
  • 無線機が古くなったので、そのまま無線の利用を止めてしまった
  • 無線機を使っていたが、携帯電話に切り替えた
  • 無線機を付けたまま売船した

Q4. 無線局を廃止した場合、電波利用料はどうなるのか

 無線局の廃止届を提出し受理された場合、次回の応当日からの電波利用料の納付は必要ありません。

 また、廃止届を応当日の前日までに当局へ提出し受理された場合は、当該年度の電波利用料の納付の必要はありません。

 応当日以降、少しの期間しか使わず、その後、廃止届を提出し受理された場合は、1年分の電波利用料を納付していただく必要がありますので注意して下さい 。

Q5. 無線局を廃止する時の電波利用料の手続きはどうすればいいのか

 免許の有効期間内にある無線局は電波利用料の納付対象となります。 無線局を廃止する時は、すぐに「無線局廃止届」を九州総合通信局へ提出して下さい。廃止届が受理されたら、次回の応当日から電波利用料の納付は必要ありません。

注1 廃止届は、ハガキかA4程度の適当な用紙に、上記の記載項目に必要事項を記載の上、九州総合通信局 (〒860−8795 熊本市西区春日2丁目10番1号)まで、郵送して下さい。
注2 廃止届は、電話やファックスでは受け付けできません。
注3 廃止届には、無線局の免許状を同封して下さい。 もし、免許状を紛失している場合は、上記の5の欄の下に、「6 無線局免許状は紛失した」と記載して下さい。

無線局廃止届けダウンロード
無線局廃止届けダウンロード
A4様式 (PDF形式 64KB)PDF ハガキ様式 (PDF形式 64KB)PDF

Q6. 毎年払うのは面倒なので簡単な方法はないのか

 電波利用料は毎年総務省から送付する納入告知書により納付していただきますが、納付の手数を省くため、数年分を一括して納付する前納制度や、便利な電子納付(ATM、インターネットバンキングによる納付)・口座振替の制度があります。

数年分の電波利用料を一括して前納する方法

 無線局の免許期間内の電波利用料を一括して、前納して払う方法を希望される方は、前納申出書を提出していただくことにより、次回の応当日から免許有効期間までの電波利用料を一括して納付することもできます。

注1 前納を希望する方は、上記の様式例に従い、適当な用紙(ハガキも可)に必要事項を記入の上、九州総合通信局(〒860-8795 熊本市西区春日2丁目10番1号)あて郵送して下さい。
「前納に係る期間」については、次のように記入して下さい。
注2 (1)有効期限満了までを希望される場合は、「有効期限満了日まで」
 (2)数年分を希望される場合は「○年分」。ただし、免許の有効期間を超えて希望することはできません。

口座振替による方法

 応当日の翌月に指定口座から自動的に引き落とされる口座振替もご利用いただけます。口座振替の申し込みは、最寄りの郵便局(簡易郵便局を除く。)に申込書が備えてありますので、ご利用下さい。
 また、郵便局以外で口座振替を希望される方は下記の財務課へ連絡してください。(申込書を郵送します。)
 なお、この制度は、免許人名と口座名義人名が同一の場合のみ有効です。例えば、家族でアマチュア無線を行っている場合に、両親の口座から子供の電波利用料を引き落とすことはできませんのでご了承下さい。

前納申込書ダウンロード
前納申込書ダウンロード
A4様式 (PDF形式 68KB)PDF ハガキ様式 (PDF形式 60KB)PDF

Q7. 納入告知書を紛失した場合はどうすればいいのか

 納入告知書を紛失等された場合は、九州総合通信局へご連絡いただければ、再発行をいたします。連絡先は次のとおりです。テレホンサービス(電話番号 096-326-7361) またはE-mail・FAXまたはハガキでも受付けています。

 E-mailでの受付はこちら(riyouryo-kyushu@soumu.go.jp)


 電波利用料の振り込み用紙である「納入告知書」の再発行をご希望の方は、以下の項目を入力してください。
  1. 免許人様の債権整理番号 (11ケタ)
    債権整理番号確認方法
    『納入告知書』  整理番号の記載例 (PDF形式)PDF
    『総務省からのお知らせ』  整理番号の記載例 (PDF形式)PDF
    『催促状(ハガキ)』  整理番号の記載例 (PDF形式)PDF
    『督促状』  整理番号の記載例 (PDF形式)PDF

  2. 免許人名
  3. ご連絡先の電話番号
  4. 郵便番号
  5. ご住所
  6. E-mailアドレス
    (回答を差し上げる場合には、入力されたE-mailアドレスに送信させていただきます。 入力後、ご確認をしてください)
  7. 担当者への連絡事項等
注:
告知先住所(督促状・催促状の住所)と違う住所に送付して欲しい方は、担当者への連絡事項等に送付先住所をご記入ください。
お願い:
  • 債権整理番号、免許人名が必須入力となっております。
  • 半角カタカナは使用しないで下さい。カタカナは必ず全角でお願いします。
  • 氏名や住所が異なる場合は、電波法による手続きが必要になります。
連絡先:
九州総合通信局 財務課
(テレホンサービス) 096-326-7361
(住所) 〒860-8795 熊本市西区春日2丁目10番1号
(電話番号) 096-326-7843
(FAX) 096-356-3523
(担当者による受付時間) 8:30〜12:00及び13:00〜17:00
(土・日、祝日を除く)

Q8. 納入告知書の住所や名前が違っているが

 電波利用料については整理番号で管理していますので、旧姓や以前の住所の納入告知書のまま電波利用料を納めていただいて結構です。
 無線局の免許を受けた方の氏名(団体名)や住所が変わった場合は、早めに住所や氏名の変更手続きを行って下さい。

Q9. 納付期限を過ぎてしまった場合はどうすればいいのか

 納入告知書は、納付期限を経過した後でも、金融機関で支払うことができます。

 なお、督促状が来て延滞金を納めるよう書いてあった場合は、元本に延滞金を加えて納める必要があります。

延滞金の計算方法
 (元本金額×延滞金利率(14.5%)×延滞金起算日から納付する日の前日までの日数)÷365=納付すべき延滞金額

注1:1円未満の端数がある場合は、その端数金額は切り捨てて下さい。
注2:計算した結果、延滞金額が100円未満の場合は、延滞金の納入は不要です。

Q10. 催促状(ハガキ) 、督促状が来たけど、納入告知書が見当たらない

 催促状や、督促状は、応当日に、総務省から納入告知書を送付したにもかかわらず、まだ、納付されていない方に、 納付のご案内をする書類です。

 納入告知書は、催促状を送付する約50日前、督促状の場合は、その約80日前に郵送しています。
(催促状及び督促状には、納入告知書は同封されません。)

 もし、以前、総務省から郵送した納入告知書を紛失された方は、九州総合通信局へご連絡下さい。

Q11. 電波利用料を払わないとどうなるのか

 電波利用料は、電波法で納付することを義務づけられていますので、納付しない方については電波法違反となり、財産に対して国税徴収法の滞納処分の例により、強制的に差押等の処分を実行することとなりますので、十分ご注意下さい。

 このようなことにならないよう、納付期限内に、きちんと納付して下さい。

ページトップへ戻る