総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 四国総合通信局 > 四国のICT 注目の取組事例 > 愛媛県宇和島市の株式会社ダイニチによる「漁場監視用海上レーダー」の導入 ≪養殖魚の盗難防止を目指して≫

愛媛県宇和島市の株式会社ダイニチによる「漁場監視用海上レーダー」の導入
≪養殖魚の盗難防止を目指して≫

取材日:平成29年1月17日

 愛媛県宇和島市に本社を置く株式会社ダイニチは、いけすで養殖している魚を盗難から守るための監視用海上レーダーを導入し、試験運転を開始しました。この監視用海上レーダーは、不審船の侵入を検知、通知、追跡する海上設置型の無人レーダーで、性能向上や広範囲での実用化へ向け効果を検証することとしています。
 今回は、株式会社ダイニチ執行役員の寺坂 哲司(てらさか てつし)様、同飼料事業部部長兼技術グループマネージャーの霍川 幹史(つるかわ かんじ)様にお話を伺いしました。

左から霍川(つるかわ)部長、寺坂(てらさか)執行役員

 

「漁場監視用海上レーダー」を導入しようとした経緯についてお聞かせください。

 魚の養殖では、通常は仕入れ数と出荷数にそれほどの差異はみられないはずですが、2013年から15〜30%目減りするケースが続出したため、盗難の可能性もあるとして2015年8月から盗難被害軽減を目的に対策の検討を始めました。
 当初は、陸地からや船に監視カメラを設置することを検討しましたが、映像が不鮮明な上、夜間の見回りは負担が大きいことから、レーダーを導入することとしました。

「漁場監視用海上レーダー」の概略図

 

「漁場監視用海上レーダー」外観

 

「漁場監視用海上レーダー」についての概要や仕組み、特徴について教えてください。

 いけす付近に、高さ約5メートルのレーダーと衛星利用測位システム(GPS)を、縦約6メートル横7メートルのソーラーパワーアイランドに設置して、レーダーにより不審船を監視します。盗難抑止効果のためのフラッシュライトも併設しています。使用する電力は、ソラーパネルを併設して、想定する1日の電力使用量を発電でまかなうことが可能となっています。
 不審船がガードゾーン(監視領域)内に侵入すると、当社の全担当者のスマートフォンやパソコンにメール等で連絡が入る仕組みになっており、離れた場所からいけすの状況を確認することもできます。また、ソーラーパワーアイランドに設置したフラッシュライトを点灯させ、養殖魚の盗難抑止効果を高めています。
 不審船の検知は最大10隻まで把握でき、半径2キロメートルまでなら不審船を追尾し、位置・方位・スピード等船舶情報を算出します。その後、船舶情報・侵入検知情報を解析・処理してデータベース化します。その処理された船舶情報を元に、地図上に船舶をプロットした画面を作成し行動を把握することができます。
 スマートフォンやパソコンにより動きをリアルタイムで確認することも可能で、夜間の監視が不要となりました。不審船侵入履歴はクラウド上に3年分保存でき、スマートフォンやパソコンによる簡単操作で再現が可能となっています。

「漁場監視用海上レーダー」各装置

 

「漁場監視用海上レーダー」の仕様

 

「漁場監視用海上レーダー」の特徴

 

どのような利用をされているのでしょうか。

 いけすの周りに侵入検知のために設定した半径200メートルのガードゾーン(監視領域)内に侵入した船舶をレーダーで検知します。船舶を検知した際には、併設しているフラッシュライトを自動的に数分間照射して防犯対策を行い、養殖魚の盗難抑止効果を高めています。それと同時に、当社の全担当者のスマートフォンやパソコンにメール等で連絡が入る仕組みになっており、不審船であった場合にはいつでもどこでもいけす状況画面を閲覧することができますので、いけすの状況をリアルタイムに確認することとしています。
 また、不審船が検知された場合は、まず海上保安庁へ連絡し、現場へ急行するようにしています。 

「漁場監視用海上レーダー」での確認画面

 

試験運転を開始してみて苦労したことや感じたことなどありますでしょうか。

 レーダーの感度が良すぎたため当初は誤検知が多く調整に大変苦労しました。

今後の計画や目標及び展望についてお聞かせください。

 現在は、レーダー等を設置したソーラーパワーアイランドをいけすの周りに1式設置しての運用ですが、精度を上げるために複数台設置して運用し、監視カメラも設置する予定です。監視カメラは、レーダーが不審船を検知した時のみ動画・静止画撮影を行うようにして、過去の映像確認の時間短縮を図ることとしています。
 性能向上や広範囲での利用が可能となるより良いシステムが構築できれば、他の漁協へも紹介し密漁や養殖魚の盗難防止に役立てることができればと思っています。
 また、不安定な海上で安定した電力をまかなえるようソーラーの性能を安定させ、今後は養殖魚の盗難防止だけではなく、養殖魚の餌の自動配給や水温調査などさまざまなことに応用することができればと考えています。


 本日はお忙しい中、お話しをいただきありがとうございました。

ページトップへ戻る