総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 四国総合通信局 > 報道資料 2017年 > 「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証に係る提案の公募

報道資料

平成29年8月23日
四国総合通信局

「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証に係る提案の公募

 総務省では、「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証(スマートスクール・プラットフォーム実証事業)に係る取り組みの提案を平成29年8月18日から平成29年9月19日まで公募します。

1 事業の概要

 総務省では、平成26年度から平成28年度にかけて「先導的教育システム実証事業」を実施し、児童生徒や教員等が多種多様なデジタル教材・ツールを、いつでもどこでも利用でき、かつ低コストで導入・運用可能なクラウド技術を活用したシステム「教育クラウド・プラットフォーム」に関する実証を行い、参考仕様を取りまとめました。
 本実証では、「教育クラウド・プラットフォーム」やこれら授業・学習系システムと校務系システムの連携システム「スマートスクール・プラットフォーム」を学校現場において円滑に活用するための基盤となる、次世代ICT環境整備の在り方を整理することを目的とした提案を公募します。

2 提案書の提出方法

(1)提出期限
平成29年9月19日(火)午後2時(必着)

(2)提出方法
総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」実施要領及び提案書に従って提案書を作成の上、総務省所管課(情報流通振興課 情報活用支援室)に持参又は郵送等により提出してください。

【提出先】〒100-8926
東京都千代田区霞が関2−1−2中央合同庁舎第2号館
総務省情報流通行政局 情報流通振興課 情報活用支援室 振興係
(メール)jyourika_atmark_ml.soumu.go.jp
※迷惑メール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しています。
送信の際には、「@」に変更してください。
(電話)03-5253-5685
 

3 採択候補先の選定

 外部の有識者等を構成員とした評価会を開催し、その結果に基づき総務省が実証地域を5カ所程度選定します。

4 今後のスケジュール

 本事業のスケジュールは、概ね以下のとおり想定していますが、諸事情により変更することがあります。
 平成29年9月下旬 提案内容について外部評価を行い、実証候補地域を選定
 平成29年10月上旬 実証地域決定通知の送付

5 公募に関する書類

 関連資料は、総務省報道発表を参照してください。
 【関係報道資料】
「「次世代学校ICT環境」の整備に向けた実証(スマートスクール・プラットフォーム実証事業)」に係る提案公募(平成29年8月18日)
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/next-generation_school_02.html

 【参考】
総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/smart.html

連絡先
総務省情報流通行政局 情報流通振興課
情報活用支援室
担当:坂本課長補佐、藤井係長、小林調査員
電話:03-5253-5685
 
四国総合通信局 情報通信部 情報通信振興課
担当:砂川課長 右崎上席企画監理官
電話:089-936-5061

ページトップへ戻る