総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 四国総合通信局 > 報道資料 2017年 > 「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」に係る提案公募の結果 ≪四国管内から愛媛県西条市を実証地域の候補に決定≫

報道資料

平成29年9月8日
四国総合通信局

「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」に係る提案公募の結果
≪四国管内から愛媛県西条市を実証地域の候補に決定≫

 総務省は、「スマートスクール・プラットフォーム実証事業(標準化に向けた実証)」(注)に係る提案公募を7月4日から8月4日までおこなったところ、13地域から提案があり、外部有識者による評価を経て、9月7日に全国で5地域の実証地域の候補を決定しました。
 四国管内では愛媛県西条市が実証を行う地域の候補に決定されました。
(注)文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」との共同事業です。

1 事業の概要

 「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」(標準化に向けた実証)は、児童生徒や教職員が教室、家庭等で授業や自己学習に利用する「授業・学習系システム」と教職員が職員室等で出欠管理や成績評価等に利用する「校務系システム」との間の安全かつ効率的な情報連携と、当該連携により生成されるデータの効果的活用を実現するシステム(スマートスクール・プラットフォーム)についての実証を行うものです。

2 四国管内の実証地域及び実証校(※いずれも候補)

愛媛県西条市
 市立神戸(かんべ)小学校
 市立壬生川(にゅうがわ)小学校
 市立西条東(さいじょうひがし)中学校
【関係報道資料】
総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業(「スマートスクール・プラットフォーム」の標準化に向けた実証)」及び文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」に係る提案公募の結果(平成29年9月7日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000104.html

総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業(「スマートスクール・プラットフォーム」の標準化に向けた実証)」に係る提案公募開始(平成29年7月4日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000101.html
【参考】
総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/smart.html

連絡先
総務省 情報流通行政局 情報流通振興課
情報活用支援室
担当:坂本課長補佐、小林調査員
電話:03-5253-5685

四国総合通信局 情報通信部 情報通信振興課
担当:砂川課長 右崎上席企画監理官
電話:089-936-5061

ページトップへ戻る