総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 四国総合通信局 > 報道資料 2017年 > 災害に備え株式会社愛媛CATVの伝送路を二重化 ≪「地域ケーブルテレビネットワーク整備事業」補助金の交付を決定≫

報道資料

平成29年12月12日
四国総合通信局

災害に備え株式会社愛媛CATVの伝送路を二重化
≪「地域ケーブルテレビネットワーク整備事業」補助金の交付を決定≫

 総務省は、平成29年度当初予算で措置された「放送ネットワーク整備支援事業  (地域ケーブルテレビネットワーク整備事業) ※」について、本日、株式会社愛媛CATVに対して、補助金の交付を決定しました。
 同社は愛媛県松山市の本社(親局)と南宇和郡愛南町(子局)との間に放送用光ファイバーケーブルを敷設、愛南町向けにサービスを提供していますが、ケーブルが愛媛県津波浸水想定の浸水域を通過していることから、伝送路を二重化し大規模な地震の際に発生が想定される津波への対策を講じるものです。
 具体的には、同社が放送用とは別に通信用に使用している光ファイバーケーブルが当該浸水域を迂回しているところ、新たに放送用の長距離伝送装置を子局に整備、これを通信用ケーブルに接続することにより、放送サービスの伝送路の二重化を図るものです。
 これにより、同町の加入者約7600世帯のうち約800世帯が親局からの放送サービスを利用しているところ、津波の発生等災害時においてもこれらの世帯向けの放送サービスが継続されることが期待されます。
表:【交付決定の概要】
団体名(事業主体) 事業費(千円) 補助金額(千円)
株式会社愛媛CATV 7,727 2,575

※ 放送ネットワーク整備支援事業(地域ケーブルテレビネットワーク整備事業)
災害発生時に地域において重要な情報伝達手段となる放送・通信ネットワークについて、その通信網の切断や情報遮断の回避など、防災上の観点から地域のケーブル事業者がネットワークを整備する事業で、その概要は別紙(「地域ケーブルテレビネットワーク整備事業」)のとおりです。

【関連報道資料】
放送ネットワーク整備支援事業費補助金(地域ケーブルテレビネットワーク整備事業) に係る提案の公募
(平成29年9月13日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu12_02000088.html

連絡先
四国総合通信局 情報通信部 放送課
担当:石丸課長、白井上席企画監理官
電話:089-936-5037

ページトップへ戻る