総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 四国総合通信局 > 報道資料 2018年 > 徳島県と高知県に「公衆無線LAN環境整備支援事業」の補助金交付を決定 ≪災害に備え情報伝達手段の確保が必要な拠点のWi−Fi環境の整備を支援≫

報道資料

平成30年5月31日
四国総合通信局

徳島県と高知県に「公衆無線LAN環境整備支援事業」の補助金交付を決定
≪災害に備え情報伝達手段の確保が必要な拠点のWi−Fi環境の整備を支援≫

総務省は、5月31日に徳島県と高知県の公衆無線LAN環境(Wi−Fi環境)の整備に対し、平成30年度当初予算による「公衆無線LAN環境整備支援事業」の補助金交付を決定しました。
この事業は、災害時に携帯電話等が輻輳のために利用できない場合であっても、情報伝達手段を確保するために、(1)防災拠点(避難所・避難場所(学校、市民センター、公民館等)、官公署)、(2)災害発生時に情報伝達手段の確保が求められる公的な拠点(博物館、自然・都市公園、文化財、観光案内所)に公衆無線LAN環境の整備を行う地方公共団体等に対し、その費用の一部を補助するものです。
徳島県では公民館、体育館、観光案内所他計5箇所に、高知県では県立高校及び特別支援学校36箇所に、Wi−Fi環境が整備される予定です。
表:【交付決定の概要】
事業主体 補助対象事業費(千円) 交付決定額(千円)
徳島県 10,000 5,000
高知県 63,625 31,812
【公衆無線LAN環境整備支援事業】

【関係報道資料】
平成30年度「公衆無線LAN環境整備支援事業」に係る提案の公募(平成29年12月26日 総務省発表)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000155.html

連絡先
四国総合通信局 情報通信部 情報通信振興課
担当:砂川課長、滝下課長補佐
電話:089-936-5061

ページトップへ戻る