総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 四国総合通信局 > 報道資料 2018年 > 平成30年度予算「地域におけるIoTの学び推進事業」の採択候補の決定 ≪四国からは愛媛県内子町の「木育×プログラミング教育」を決定≫

報道資料

平成30年6月29日
四国総合通信局
提案事業名に修正があったことからこれに合せて
提案名を訂正しました。(平成30年7月2日)         



平成30年度予算「地域におけるIoTの学び推進事業」の採択候補の決定
≪四国からは愛媛県内子町の「木育×プログラミング教育」を決定≫

 総務省は、平成30年度予算「地域におけるIoTの学び推進事業」(※)に係る提案の公募を4月10日から5月18日まで行いました。全国から86件の提案があり、外部有識者による評価を経て、6月29日に19件を採択候補に決定しました。
 四国管内からは、モックアップ内子協議会(代表団体:株式会社武田林業)が提案した「『木育×プログラミング教育』で中山間地域のIoT教育モデルを構築」が採択候補に決定されました。全国の採択候補は別紙PDFのとおりです。
(※)「地域におけるIoTの学び推進事業」は、地域で子供・学生、社会人、障害者、高齢者等がモノづくり、デザイン、ロボット操作、ゲーム、音楽等を楽しく学び合う中で、プログラミング等のICTに関し世代を超えて知識・経験を共有する仕組みとして、「地域ICTクラブ」を展開するものです。

1 四国管内の採択候補

モックアップ内子協議会(代表団体:株式会社武田林業)

2 四国管内の実施地域

愛媛県内子町

【関係報道資料】

「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業に係る採択候補の決定
(平成30年6月29日 総務省発表)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000114.html

「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業に係る企画案の公募
(平成30年4月10日 総務省発表)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000113.html

連絡先
総務省 情報流通行政局 情報流通振興課
担当:本橋課長補佐、岡田主査、一田係長
電話:03-5253-5743

四国総合通信局 情報通信部 情報通信振興課
担当:砂川課長、宇都宮上席企画監理官
電話:089-936-5061

ページトップへ戻る